カテゴリー別アーカイブ: 日々のこと

昨日 セミの鳴き声を聞いた、梅雨明けだそうだ

そして 今朝は ベランダに出ると もう姦しいセミの鳴き声がする

今週末には 三女が帰省する

ということは 平々凡々の毎日が かき乱されるということだ

 

嵐の前の静けさ・・・セミが鳴いていても・・・

*****

孫に殺され

妻や子に殺され

見知らぬ人に殺され

天寿を全うされたと 多くの人びとから惜しまれ

認知症の妻を残して逝く

・・・・・・

ポストを覗いたら akasyoubinさんとして ブログでしかお話したことがない方の奥様からの手紙が届いた

先立たれて 今なお 悲しみの波に飲み込まれそうになりながらも

前を向こうと ご自分を奮い立たせているようなお手紙に

なんてお返事する?と わが身に問う

 

倉本聡さんのドラマ(つれあいは辛気臭いと、見ていない)『やすらぎの郷』に命を限られた妻を看取る夫が 主人公に言う(その通りではないけど)

前はね、先に逝きたいと思っていた…でもね、あとに残されるのは辛い、だから「強いもの」(自分)が残ると分かって ホッとも しているよ

ドラマでは 通夜のあと夫も後を追うように亡くなる、そんなドラマみたいな?スジなんだけどね

『強い人』なんて、居るのかな?

当事者でしか分からぬ悲しみには 想像が及ばない気もする

 

あんまり考えていると 気が滅入ってくる

 

201107 (1)  6月 (3) 6月 201107 (2) 青春18切符で行くローカル線の旅 静枝編 (263) 7月

20130611 (99) 20130611 (107)

20130803 20130705 (1)~撮りためた写真から

こんな花の咲いている所へ

ふらふらと行きたいな

暑いと やる気(なんの?すべて!)おこりません…

このシャコバサボテン、我が家に来てもう15年?

2003年6月に こんな画2003.6シャコバサボテン描いているもんね

ちゃんとした世話をしていないのに 相性が良かったのか 枯れないけど

花のつきも 年ごとに バラバラ、葉もてんでに好き勝手に伸びるので 

思い立った時に チョンチョンと切る

20170710散髪した ごめんね~と言いながら

今年 拗ねて 花を咲かせてくれないかもね

 

暑いけれど 運動せねばと 散歩に出る

いつもの道…

CIMG4481あれ~、いつもオレンジのバラをはじめ 梅やモクレンの咲いていたお家が取り壊されている(寂しいなぁ…)

その隣も、前も 

世代交代なのか 古い家屋から今風の家へと 

この路地は この数年で 建物の変化著しい

取り壊さなきゃいけないくらいの家?なのか…な

今年の 暑中見舞い一番乗り

朝から 大きなもの洗濯を干しながらも

比叡山にかかる あやしげな黒雲に ハラハラ

もう来るかな?と取り込んで正解

大きな雷鳴と 前も見えないくらいの雨が!

 

ムシムシ暑いです

ベランダの室外機のカバーを外しました

この暑がりのわたしが まだ冷房入れていないとは…歳なんですかねぇ

 

でも 限界です、が

この雨で まだ頑張れるかも

昨日 ポストを見たら 暑中見舞いのかもめ~る

孫⑥からでした

園からもらった葉書は おじいちゃんとおばあちゃんに書く、といい

5歳にしてはチビ助の彼でも やっとポストの入れ口に手が届いたそう

きっと その時 彼は 誇らしげに 笑顔だったろうと 想像して読みました

こんなかわいいおばあちゃんに描いてくれて ありがとさん

2017年観照からの暑中見舞い さて、お返事を書かねばならないね

では ・・・ どんなの送ろうかなぁ

あっちで、こっちで 揺れていますね&女性脳のこと

今朝から 長野の方で地震が続いていますね

今朝、ニュースで地震のニュースあったのに 掃除中のわたしに 黙っていたんですよ、我が夫さんは!

いくら 地震を怖がるからって 内緒にしておくなんて、ヽ(`Д´)ノプンプン

多分、次回の旅行先を そっち方面で 考えているわたしに聞かせたくない心理が働いたのでしょうけどね(お見通しだよ) ヽ(`Д´)ノプンプン

 

昨日なんかね、

扇風機を組み立て中のこと 

日立の扇風機の枠が 毎年のことですが 上手く入らず イライラするのです

でも、何かの拍子に カチッと入るので 壊れているわけじゃないのです

で、悪戦苦闘したあと、つれあいにSOS(ケガしてから めったに言わないSOS!) 

でも 自分もうまくはめられず めんどくさがり屋になった つれあいは すぐに諦め

「いいやん、そのままで」だって!!

 

はぁ~~~っ?!

枠がガタガタのまんま 扇風機を使う?ありえない!

と、もういい!と言ったら なんといったと思います?

・・・書けません・・・

腹立って、情けなくて・・・久々のラミーチョコの出番でした

結果、涙で視界が悪い中 カチッと枠がはまったのでした

 

そのあとね、当然ながら 自己嫌悪に陥ったつれあいは 

ちょっと風邪気味なのもあって 終日ベッドで反省しておりましたとさ

フン!

*****

 ちょうど この本を読んでいたのです

これをね つれあいに読ませたい、と 思いました

題名からもう敬遠するでしょうけれどね

 

脳科学からではなく 人工知能の開発に関わる中で 男女の脳の働きに違いに気づいたという著者は言う

男女の脳は違うからこそ意味があるということに気づきさえすれば、無駄な争いはなくなり、自分とは違った脳をもつ女性への理解と愛おしさが育まれる。
家庭と職場に福音をもたらす1冊!

確かに そのとおり~

 

つれあいが よく考えもしないで 口から繰り出す言葉は 勢いで出てしまうのだと 

多分、怪我のせい、だと思うようにはしていても 

分かっちゃいるけど・・・

この本を読んで 

女性の考え方をよく知ってもらい 

男性側の努力次第で 

男女共々 気持ちよく暮らせそう

初めに 男性側に この本を読んでもらい、男女の脳の違いを知ろうという気持ちになってもらわなくてはね・・・我が家は もう手遅れ

人工知能の研究で 男女の差に気がついたという著者

男性の研究者では 気づけないだろうなと思います

 

人工知能は 学習して賢くなっていくそうですね

でも この男女の対話エンジンの開発は まだまだ難しいそう

女性脳は 共感で回り、臨機応変な対応に特徴がある、これらは子育て、家庭を守るという性として生きてきたことと無縁ではない

なるほどね

夫婦とは面白い縁だ こんなに脳が違っているのに 長年連れ添っていること、そのこと自体がすごい

はぁ~、すごいことなんやねぇ わたし達も

 

人をなじる人は 傷ついている、のだそう

女性だけではなく 子どもに対しても まずは 共感!

子育てに対しても 意外な気づきがある本

軽~く読めてしまう本だけど ちょっと書き留めておきたい言葉が たくさんある

 

世の男性、読んでください!

おい、そこのつれあいよ、読めぇ~~なんてね、言えませんねぇ・・・

 

s20170623 (2) かわいく出来ました♡

6月21日(水) 久しぶりの雨の日

長女に土産を渡すついでに ちょっとしたガス抜きをしてあげようと 「都路里」に誘った

今日が たまたま休みという次女にも声をかけ それぞれが 孫⑤と⑥の保育園を休ませて

この雨の中 京都駅に集合

s20170621 (4) 

我が家以外で 孫⑤と⑥が会う機会はないから 二人とも照れているし 娘たち、会えば 親のことは忘れて会話も弾む

つれあいも 話についていけず 黙々と ほうじ茶パフエを 美味しく食べていたのに

勘定をする頃に ダンピング症状がでて 顔面蒼白、冷や汗…久々のことだ

 

都路里のパフェ、どれも美味しいけれど 量がねぇ…6,7分目くらいで もう口の中があま~くなってくる

お子様サイズとか 高齢者サイズ(中身はそのまま、量は少なめ)を ぜひ考慮してもらえないかな

孫たちの残したものを 娘たちがせっせと食べている…もうだめだぁ~と言いながら

 

みんなと 早々に別れ しばし休憩、帰宅

何処にも寄らなかったので 思いのほか 早く帰った

 

もう、雨が上がるかなと思ったが まだ強くなったり、弱くなったりしている

*****

昨日 不思議なことがあった

先日妹から 姉の激やせを聞き どうしたもんかなぁ…と 次の行動を迷っていたが

最近で来たブログ妹さんからのアドバイスもあり 1昨日メールしたが その日 姉から電話があった時には こちらが気づかず またメールしたものの 夜遅い姉からは返事がないまま…

で、(私電話苦手なので、最後の手段になりがち) 昨日 買い物の前に 姉に電話するわ、と 携帯を手にとった瞬間 姉からの着信音!

どひぇ~,うそぉ~

以心伝心、繋がっていると、実感!

姉の話では 少し食べられるようになったから…という内容、声もいつもと変わらないようなので とりあえず 最悪のことを考えていたので ちこっと 安心、かな

また 近くの妹たちが 気をつけて見てくれるでしょう

 

それにしても 

いつ別れが来てもいいと、覚悟はしているとはいえ、

そんな時は 先延ばし したい

*****

旅の前から 読んでいた 本、やっと読み終えた

昨年末に 田辺聖子さんの本で 源氏物語を読んだが この本の題名に魅かれた

平安人の心で、・・・とは 源氏物語が書かれた時代を 知るということ?

 

もし、今私が大学生なら ぜひこういう古典の研究をテーマにしてみたいなと 思う

平安時代は 火事が多かったらしい

それでも、貴族は また立派な寝殿を立て、立派な調度品を用意し、娘を天皇に嫁に出す時にも それに見合う品々を準備したという

それは そういうものを作る人々がいたということ、貴族の口に入る食べ物を作る人たちがいたということだ

そういう時代に 思いをはせながら こんな物語を書かずにはいられなかった作者の思い、あぁ~そういう事を想像すると 心は 遠く平安時代へ~

 

いづくとも 身をやる方の知られねば 

憂しと見つつも 永らふるかな 

この本の著者は 紫式部集の中の最終歌を引いて 紫式部の言いたかったことを 想像して言う

憂さの晴れる世界など どことも知れませんからね

この世は憂い

そう思いながら 私は随分生きて来ましたし、これからも生きて行きますよ

渡辺久子さんの言葉を借りて 紫式部も 源氏物語を書きながら

「置かれた場所で」 わたしは生きて行く、と 

紫式部の気持ちになって 彼女のメッセージを 著者は 読み解く

 

物語を こんな風に読もうとする人を 見習いたい、そう思った(無理だけどね)

ヨシ、次は 何を読もうかな?

昨日のこと~図書館へいつもの道で

20170616 (5)

おっ、もう夾竹桃が咲いているん?と近づいたら 昼顔でした

後から歩いてきた つれあいが もたもたしていて どうしたのかと思えば

その前 横断する道のど真ん中に 車を堂々と止めた人に ささやかないじわるのつもりで 車そばスレスレに横断し 杖が 雨水用の排水の蓋の格子に挟まったみたい

で 先っぽが無い!と アセアセ…

もぉ~と引き返して 引き抜いてきました…わがつれあいは ブツブツ

20170616 (1) 20170616 (4)

まだ 歩ける暑さ、かな

先週見た 子ツバメの姿は どの巣も空っぽ、無事に巣立ちしたんだね 

20170616 (6) 薄いピンクが かわいい

20170616 (9)20170616 (15)

こちらは ただいま準備中

20170616 (18) 身体が 不自由でも これは わしの仕事!

そばで そっと見守っていた奥さま、かな

20170616 (17) こんな場所に根を下ろしたん?ハハコグサ

20170616 (19) ねぇ、お話ししよう!

今日の図書館行きは いい感じ、ストレスフリーだからかな

ありがたや

青森への旅2日目~5月30日

初めの予定では 3日目に浅虫温泉と青い森鉄道沿線を旅する予定でした

浅虫温泉は わたし達が 初めて東北を旅した時泊まった温泉です

1997年10月 浅虫~恐山~奥入瀬~鹿角を廻る3泊4日 

なつかしい思い出の たくさんある旅です

その時泊まった宿は いくら詮索しても見つからないと思ったら、閉館していました…あの頃は 賑わっていたのに 今じゃ廃業した宿も多そうな…

 

それで 棟方志功ゆかりの宿に予約を入れていたのですが

送迎バスがないことや グーグル地図で検索した折に 目新しいものが無かったことで 心のどこかに迷いがあったのかもしれません

 

キャンセル発生前日 何故だか ここは予定変更しよう!と思い立ちました

長い旅、スーツケース2つ引っ張って 駅の階段を上下したり、

早く早くと つれあいを せかしたくないですもんね

 

それで 奥入瀬渓流ホテルへ予約を入れなおしたのです

後日 わたしが作った旅のパンフレットを 娘たちが偶然見て

「ヒェ~、お母さんたら こんな高いとこに泊まるん?」と 言われてしまいましたが 

確かに いつもなら泊まるはずもない わたし達にはお高いホテルです

誕生記念ということで奮発したんだよ、と言い訳⁉

そこへ行くまでの交通代を考えると 青森屋から送迎バスが出ているし 帰りは 八戸駅までの送迎もあるから ま、いいかと思って…ね

それとね、1泊2食付~青森のりんご魅力を味わうビュッフェ~というプランの 

ネットの写真が なんだか美味しそうなスイーツいっぱいに見えたからね

 

ということで 

青森屋での~んびり過ごせばいいかと思っていたのに 

初日に 散策もすんで、あとは温泉だけ? 

何も…具体的な予定はなくて…

困ったなぁ…

肝心のつれあいは すべてお任せ、新幹線の道中、バスの中ではしゃいでいた彼は 早々に寝ちゃった

それを横目に 30日の予定を 立て直しました

s20170530 (18) 初めの予定通り 青い森鉄道に乗る&温泉へ

宿から送迎バスで三沢駅へ

青い森鉄道 乙供駅下車

この辺には沿線含めて 温泉がたくさんあるのです

その中でも フロントの人もおすすめの東北温泉

h20170530 (26) h20170530 (28) 

彼の足で 15分くらい歩いて 奥の黒い建物が 東北温泉

ほんとはね、中までカメラ持って行っちゃダメっていうのに ふらふらしながらも写してしまうつれあい(そのうちケガするぞ!)

h20170530 (37) ここは 珍しいモール泉で 黒い温泉

ぬめりもあり、カランからも温泉が出る

美人の湯だね!

日帰り湯で 310円、信じられないくらいのお得感

s20170530 (37) s20170530 (36) 所狭しと色紙が飾ってある

顔を上気させて出てきた彼は 「すごい!びっくりした!いい所見つけてくれてありがとう!」と興奮して言う

実はね、ここ旅4日目に泊まるつもりだったんだ

駅へ戻ったら 1時間1本の電車は出た後…先に調べていたら 彼をせっついて歩かせていたと思うから ま、これでいいかも…

駅の前 入っていいのかどうか迷うようなお店が一つ…ちょうど出てきた人が居たので 中へ(小心者なのだ、わたし)

地元の店で この地でつくられたもの(特に菓子やおもち)を買うのが好きだ

h20170530 (44) 今日のお昼は これ 

誰も居ない 待合室で頂く(駅員さんも列車が来ないと姿が見えず)

乙供駅から 戻って 上北町駅下車

駅沿線歩いて数分の 玉勝温泉

s20170530 (61) こちらもカランからも温泉がでる レトロな、銭湯だ

露天風呂がないから 温泉好きな彼も もうもうと湯気こもるお風呂場は長湯が出来ず 早々に上がってくる

結構 平日午後だが 人の出入りがある

三沢駅に戻って 駅からバスで5分、歩けるかな?と思ったが 5分後に送迎バスが来ると分かって待つ

s20170530 (59) s20170530 (58)ここは200円、安い! 

ちょっと愛想のない 番台のおじさんだったけれどね

平日の午後だけど 結構 人の出入りもある

三沢駅に戻って 歩いて宿へ帰ろうかと思ったが 5分後にバスが来た

良かったぁ~帰りは 歩道のない急坂だったよ

三沢は 米軍基地がある町

でもこの駅からは そんな雰囲気は感じられず

(青森屋では 彼が米軍の人らしき人達を見たと言っていた)

新幹線が出来て ここは JRから青い森鉄道になったが 貨物列車は 何回も見た

複雑…新幹線で旅する恩恵を受けている身ではあるが 地元の人たちの想いは どうなんだろうなぁ

今日一番の心に残った思い出は 

乙供へ行く電車の中 前の方が良いというつれあいの手を引いて 

一番前に座った

何か視線を感じて振り返れば 2歳くらいの女の子

目が合った途端に 下を見てしまう

わぁ~どうしよう

ごめんね、見えなくなっちゃったね~、と謝ると

おかあさんが いえいえと笑顔を返してくれた

でも その女の子 ず~~~~っとした見ていて…

降りて 振り返ったら こっちを見てバイバイしてくれた

あぁ~、孫⑦みたいで かわいい~~~~かった

写真撮るの 忘れていたなぁ