作成者別アーカイブ: buna日記

我が家のチョコ歴、まとめ~2018年

2003年 写真の記録では2003年次女が焼いてくれたチョコケーキ

それ以降 写真にとってきた(もしかして 撮らずに食べちゃったのもあるかもしれない)

 

2008年から 次女からもらうチョコは手作りの生チョコとナッツ入りブラウニーに定着してきた(甘さもちょうどよくて ほんとおいしい!)

いつも貰ってばかりで悪いからと 彼が ウイスキーボンボンを私に…

三女は 私用に別にくれるようになった

あれ?2012年 私のあげたのがないよ…

2015年 チョコがあまり食べられない時期で 和菓子を…

今年は 包装をまだ明けてない

彼は 質より量

それに最近は ビターが良いらしい

娘から贈られたチョコは もちろん私にも半分こ!当然でしょ

で、「あと まだもらえるかも…」なんて期待している

何言ってんだ、あの子はインフルエンザが治りかけたとこだぞ!もぉ~~~~

広告

忘れないうちに~メモ

人体の不思議~脳 ビデオに取っていたものを 今朝見たところだ

人がなにかを ひらめくとき 脳が活性化する場所があって それと同じように 脳が活性化するのは 何も考えないで ぼ~っとする時なんだそうだ

えてして 世紀の大発見とか、アイディアは こういう時に ひらめくらしい

それを デフォルト・モード・ネットワーク(DMN:Default Mode Network)という

忘れないうちに メモして ネット検索した

DMNは何もしていないときに働くネットワークで、ぼんやりと過去のことを思いだしたり、未来のことを想像したりすることに関わっている、脳のアイドリング状態

テレビでは ここをさらっと流していたが 「瞑想」ともちがう?のかな

座禅では 余計なことは考えないで 頭を空にする?(自我を極力排除し、自我以外の存在を全感覚で受動的に感じ取る事によって、自我以外の存在に縁取られた自我自体の認識へと立ち戻る)なんて ちょっとわかりにくい言葉で説明されているが これとも微妙にちがう?のかな

そこからもっと調べていたら 

このアイドリング時間のおかげで、過去の整理をし、未来の予測をすることができるようになるが、これが過剰になると、うつうつとしたり、不安に捉われたりすることが最近の研究で分かってきた と書いてあった

ふぅ~ん

なんでも 過剰も過小も良くなくて ほどほどが一番ということ

人体の不思議シリーズを見ていて思うこと

自分のからだ どんなコンピュータにも負けないすごい仕組みになっていて 

いろんなものが集まって 今の自分があるということに 毎回気づかされる

そのバランスをとらんがために 片時も休むことなく いろんな細胞たちががんばっている

 

この自分のからだが ~ひとつひとつの細胞が~ ものすご~く 愛おしい

*****

と 書いていたら 

次女が作った生チョコやブラウニーを届けに 婿殿と孫③④⑤がどどっとやってきた(娘は仕事)

久々の孫たちだが 婿殿は夜勤だし あっという間に引き上げていった

 

長女は 孫⑥とインフルエンザB型でダウンしている

つれあいもわたしも 今のところ ありがたいことに元気だ

元気なうちに 脳を活性化させておかなくちゃ~❕

2月27日 (37)

時間の流れが全然違う

いま 3女と孫⑦が 婿殿の出張中なので 我が家へ帰省している

ふたり暮らしのときとは 時間が こうも違うものかと

振り回されないぞ!と 固く決心しているのに、だ

さっき、やっと 散歩へ

昨日までの寒さよりは ずいぶんましな気がするけど また寒波来るとか

 

福井に住む姉、妹からは嘆きの電話やメールが…

『雪降ってないよ、こっちは』

というと みんな 『羨ましい~』と同じことを言う

一番雪の多い妹②は 道路へでるまで通路確保に夕方まで 朝から3回 雪かきしたと写真を送ってきた

20180207 (1)

先日夫の3回忌を済ませ ホッとしたばかりの彼女は 腰痛持ちで 股関節痛があり 身体がボロボロなのに 家族の為に せっせと雪かきしている

働くことが生きがいみたいな姉は 臨時休業が続いて 淋しいよ~と嘆き

妹①は 孫2人が家に居て疲れるよ~と愚痴って

妹④は 今どきの子は 誰も屋根の雪下ろしをしてくれないと

家がつぶれる恐怖を抱えて 夜勤に出る 20180207ゆり

もう 軒先まであと少しの積雪

 

はぁ~

そんなこと聞いた後では 孫1人、なんという事はない

かわいい仕草や言う事に 癒しの時間はたっぷり

それを楽しめない自分が 情けないだけ

雪のない冬なんて…

姉からの電話 「そっち大丈夫?」と

外の青空を見ながら 降り続く雪の話に耳を傾ける

雪にあこがれる

もう 故郷を出て今年で48年かぁ…雪のない太平洋側の天気には いつになっても落ち着かない気分は変わらない

散歩しても 冬枯れの景色には 心ときめくものが少ない(自分の心持の問題かな)

買い置きしていると思っていたゴミ袋がないことに 朝気がついて コンビニ行くついでの散歩だったが 夫のリハビリも兼ねての散歩で もう少し、もう少しと歩いていたら あまりの寒さに 彼はロボット歩きになっていた

水仕事もしていないのに (怪我の後 血の巡りがわるくなった)彼 

めんどくさがるが しもやけになった手を 帰ってから湯につけさせる

雪がないのに寒いのは おかしいと まだ 心の中では思っているCIMG6642 二人で この鳥何だろうと調べたけど おしりだけじゃ分からないね かすかな地鳴り?が聞こえていたけど その声も 家へ帰ったら忘れていたよ…(;´д`)トホホ

2月2日(金)久しぶりに ヨドバシカメラへ

いつもは プリンターのインクを6色パックで買うのだけど なぜかライトマゼンタばかりが余分に2回分もあるので 3色をバラで買う

ここ売り場で 毎度困るのが 型番だ

今朝は ちゃんとメモしたのに そのメモを忘れた

多分これかなと思うものを持ってレジの人に 間違いないと思うのですが…というとちゃちゃっと履歴を見て OKが出る

ここがカードのいいところだ。もちろんポイントも バカにできない

夫さんは マウスの売り場で迷っている

それにしても ドコモ品数が多すぎて もうどれでもいいや、という気分になる

わたしと見ている時に これにする!と 店員さんに言いに行ったので その辺をブラブラした

帰って 中見を見たら 「あれ?それこれ!って言っていた時と違うんじゃない?それも 「S」だよ…」というと

「ちゃんと見てくれたのになぁ…」「でも あの時に書いてあったお値段と違うなぁ?」

本人曰く 「買う時にそばに居てくれないから…ブツブツ…」

知るかい!

だけど 切り替えも早いのがいいところで

「なかなかいいよ、これ!」と使い始めた彼が言う

そのうち これはいいよって紹介するつもりのようだ

 

今使っていたマウスは 壊れちゃいないけど

なんといっても 『ブログニッカー』だから たまに気分を変えたいのだろう

帰り お昼代わりに 『マールブランシュ』で

パフェを食べる   CIMG6631

2月2日は 姉の誕生日

現役で 若い人に交じって 外食産業で働くのが一番の生きがいという姉

おめでとう!72歳

*****

友人が手作りの人形にお布団など 孫⑦にと 送ってくださったCIMG6617

その事を 3女に言うと 

「昔 作ってくれたな、おかあさんも…」

覚えていてくれたんだ…こんなに 上手には作れなかったけどね

今度帰ってきたら 孫の顔が 楽しみだな

1月が やっとおわる

CIMG6607 何かに似ている…と 思っていたら

ほら、クリオネ、みたい

20180131sz 花が開くと こんなに華やか

編み物し過ぎ?手が痛くなってきた

やばいね

『やばい』って字にすると どう意味やろ?

盗人などの隠語である「やば」の形容詞化。「あやぶむ」が語源最近は、小さな事でも「やばい」を多用するようになっている強調表現感嘆表現風に使用したり、のめり込んで抜け出せなくなるくらいにやばいという、プラス表現で使うのは東京での転意

へぇ~そうなんだ

1月27日(土) 雪が舞う

今日は土曜日

昨日 どうしたことか まだ木曜日のつもりだった

もう…

今朝も 寒い

20180123n 孫⑦

ある日突然 ネコを書き ちゃんと手足が身体から出てきた!(みんなそうだったね~)

先日次女宅へ行くときに 駅前のラクトに展示されていた幼児たちの絵

もしかして ここにあるかな…と ちらり端の方から見たのだけど 

中ほどで 孫バカ婆みたい、とちょっと恥ずかしくなってその場を離れた

昨日 次女から そこに飾ってあったというメールをもらう

もう、早くに言っておいてほしかったよ~

25日夜高熱を出し救急外来から戻ったのは22時…でも翌日は解熱

(孫⑥も前日同じように発熱したが 翌日微熱だとか…へんなの???)

孫③のインフルエンザB型のうつる可能性はまだあるということだ