作成者別アーカイブ: ブナ(カメキチのつれあい)

咲いているかな?…咲いていました、彼岸花

先の台風前に刈ったのか 昨日 気がつけば 田んぼはすでに丸裸

公園の木の高いほう 少し色づき始めている

 

10日前 図書館へと歩く道には 気配も無かったのに 

さっそく 球場前でみっけ! s20170920 (1) 

咲いていたよ 

季節を感じるお花の一つだね

帰ってから 2台の扇風機は残して クーラーと扇風機を片付ける

怪我してからは 何でもわたしの仕事になってしまったのが 時々悔しいから

「な~んにもせんと 心苦しいやろ?」

ブログニッカー(この造語、気に入っているのだ)のつれあいに わざと言ってみる

「心苦しいならば この掃除機を片付けよ!」と 命令して従わせる

 

だいたい 扇風機や衣服の整理をすると 季節の後戻りがある、というのが わたしの定番なんだけど…今年はどうかな?

*****

つい先日あたらしく大臣になった人も 納得しているのか?

と そこが聞いてみたいな、この動き

もう 投げやりな気持ち…

どうなっていくのか 孫たちの未来

忘れずに 同じ場所で 咲いてくれる自然のすごさに 心なぐさめられるのがうれしい

広告

気分転換をしながら

ビタミンB12不足で やる気も体力も無い時は その無気力な態度や言動が わざとではないと、分かっていても 悲しい時が多々あった

そして今は 事故当時よりできることが増えたと同時に 今度は性格の変化が前面に出てきた?のか 怒りっぽくなっている

その怒りは 以前のようにはならない身体に対してのいら立ちなのか、私が 何気に言う言葉を 非難したとか、まるで子供に言うような言い方だとか言って 機嫌が悪くなる

秘かに 「高次脳機能障害」の症状かな、と私は思っている

秘かに、というのは 本人は認めないからだが

 

そんなんで こちらが普通に言った言葉を どこをどうなるとそうなるのか?という感じで

「偉そうな言い方する」「おもしろくない」「いつもネチネチと僕を責める」etc・・・

あぁ、いつものパターン

ここで わたしが 上手に対処すればいいのに できないんだよね・・・

それが できれば 毎日Happyなんだけど

きっと わたしにも問題があるのだろう

ふだん、わたしに『感謝』を繰り返す彼との あまりのギャップに 攻めてしまうからなんだよね

そんなこんなで 昨日は不毛の一日、だった

本の世界に 逃げることで 厭世的な気分から立ち直れた

2冊も 別室で 読めたから

 

そして やっと図書館から借り出せた この本を読み始めた きょうは あの日から6年半

読んでいたら Fさんと同じ経験されている方が こんなにもおられるのだなぁと…

わたしも 父母、妹に会いたくなった

8日は 久々に歩いて図書館へ いつもの花壇は手入れがあまりされていないようだ

みんな老いていくから?

20170831n (1) こんな顔に 毎日挨拶してPCを立ち上げている

つれあいの気分は 一時的なもの、これが四六時中続く、そんな方も多いのだろう

介護する方の気分が 落ち込まないような 何かがあるといいのだけど…

黒姫高原②

今回の旅を計画した時 イメージしたのは 201708191925333379こ~んな感じ!

8月下旬だから ここまでのコスモスは咲いてないだろうな、とは思ってはいたが

28日の 黒姫童話館から見る景色に それらしい色みえない…

s20170829 (17) s20170829 (18)あれぇ~間違ったかな?

29日(火) 9時過ぎ フロントで確認

旬花咲く黒姫高原まで徒歩で行くなら 童話館から 高原を横切る道が車路を通るよりも早いとのこと

(確かに ここへ車で来るときにはつづら折りの道を上ってきたが いったん下ってまた上るしかないようだ…車で移動できない者には ちょっとつらい観光地だなぁ) 

園内マップ

このパンフレットだと すぐそこに見えた道も つれあいの足では2倍の時間がかかる

 

緑の中の道は 気持ちいいが この日も 陽ざしが強い

リフト代込みの入館料は 1300円/人

旅に出ると ケチケチしない様にと思っても ちょっと高いなぁと思う

明日の天気を考えると 今日中に つれあいが行きたがっている所を廻りたい 

とりあえず リフトで上を目指す

 s20170829 (44) リフトの下、作業する人の姿が…この辺もコスモス畑なんだね

s20170829 (45) 遠くに 野尻湖が見える

まばらにしか咲いていないコスモス s20170829 (54)

ここの赤とんぼは フレンドリー♬ s20170829 (49)

わたしの指先にも とまったけど 彼が写したのはボケていた

 

イメージとは違う場所だった

下へ降りていくと ダリアがいっぱい咲いている

 

ダリアの花びらの奥には 何かが潜んでいる、気がする

そう、わたしは これで満足で~す

h20170829 (77) トウモロコシの産地なのでもろこしソフトを

 

バスの本数が とっても少ないので 観光地の移動にはタクシーを使わなくてはならない

事前の調べで 補助券がある、そうなのだが 

宿でも その説明がなかった

駅の観光案内所では事前の発行はできないと言われた

発行場所の一つである ここの窓口で尋ねると 使えるとのこと

h20170829 (112) 

バスなら400円~500円/人なんだけど 700円分の補助券使用で 

黒姫高原からのナウマンゾウ博物館まで(2080円)と野尻湖から宿まで(2400円)

 

初めに乗ったタクシーの運転手さんは とても親切で ナウマンゾウ博物館の先の野尻湖の近くのタクシー営業所で乗るといいよと、教えてくださった

おととし 妙高へ旅した時 野尻湖まで足を延ばしたかったけれど 

これまた交通の便が悪くて断念

今回 つれあいが この博物館へ行くのを楽しみにしていた

 

わたしが生まれた年 (*´σー`)エヘヘ、野尻湖で宿の主人が「湯たんぽ」みたいな石をみつけた

それが ナウマン象の臼歯だったそうな

~ここんところは つれあいがブログに書きないそうなので省略~

博物館は 9月初めから3月中旬まで施設修理の為長期の休館との張り紙を見て 今回見学できて ラッキー、でした

 

博物館を出たら すでに 正午

 

わたしとしては その形から 『芙蓉湖』とも言われる野尻湖遊覧船に乗ってみたかったんだけどね、すでに 歩き疲れて…食欲もないし タクシーで 財布も軽いし…帰ろうか、と

昼食になるものはないかと、ここの土産物売り場をウロウロしたら なんと、今半額にした所だよと店の方が言うお土産見っけ! こういう時は しあわせ~ってなっちゃうね

 

今回の旅でやっと 宿で後の時間をゆっくり過ごす

つれあいは もちろん 温泉で

女風呂で 長々と寝ている女の方がいて ギョッとなった(倒れているのかと思ったけれど違った)

たぶん、あんな感じかな 露天がないのに 3時間もお風呂から戻ってこないつれあいも 

 

その日の夕食は 馬刺しが出て わたしは無理だから 満面の笑顔で2人分を食べたつれあいh20170829 (117) 

ダリアの花以外 あんまり満足してないわたし、今回は誕生日記念だったのになぁ…

 

8月30日(水) 夜の間降っていた雨は上がった

予定していた場所の観光は終えたので 列車の時間変更して帰ることにした

長野駅で マナーモードで気づかなかった携帯電話に姉の次男からの不在電話に気づいた

いや~な予感

旅の途中に 近しい人の電話を受けること数回、又か!との予想は 見事に当たり

その後の道中は お互い無言のまま 列車の旅をした

 

*結局 姉はアニサキスによる急性の腸炎での緊急入院でしたが 4日無事退院できで一安心s20170829 (55) 次回は もっと楽しい旅になりますように

黒姫高原の旅①

めでたく数えでいえば、なんと古希を迎えちゃったわたし、夏休みが終わり 孫の守りから解放されてやっと旅に出られる

8月28日(月) 娘たちにプレゼントしてもらった おニューの肩掛けカバンs20170828 (3)で出発! 

目的地は 信州は長野の先『黒姫高原』

車窓からの景色は h20170828 (23) りんごの季節

(でも今はまだ早いから 食べることは叶わなかった)

姨捨駅には止まらないが ここから日本3大車窓の一つが見える、はず…とつれあいが言うimage s20170828 (7) 

あっという間に通過…分からなかった…昔はスイッチバックで通過していた所だ

千曲川を中心に善光寺平が眼前に広がり 黒姫山を除く戸隠、妙高、飯綱、斑尾山の北信五山を望める、らしい

長野駅は 新幹線の駅になってから初めて

駅が大きくなっているが JRからしなの鉄道になったので 一旦改札を出て切符を買ってくれと言われた

表示が見にくくて 待ち時間が無ければ 困っちゃう(特につれあいのように障害があると)

リュックの移動は お互いしんどくなってきたので 今回はスーツケース

前の2輪でリュックにもなるスーツケースは 使ってみると便利ではあるけれど エスカレータではちょっともたつくので 孫へ押し付け貰ってもらい 今回4輪のを初使用した

これなら 安定感があるので 杖代わりになる、と思ったのだが

京都駅構内を歩いただけで 杖も無いと不安だという

そうなのだ、見ていて わたしも不安だった

かといって 杖とスーツケースを持っては エスカレータも列車の乗り降りも 隙間や段差があるのでこわい

結局 その度に杖を持ってあげて支え 自分の荷物にも注意を払わなきゃならない

腰痛で無ければ やはりリュックが一番いい

黒姫駅は s20170828 (12)こんな階段の陸橋を登って降りる

これだけで コルセットをしていても 腰がやばくなる

もちろん 彼には軍手はめて しっかり手すりを持ってもらう

こんな時でも 頭で思う事と行動がちょっとチグハグするので スーツケースから手が離れることも道中何度かあり 目が離せない

わたしが 旅には行きたし、でも 帰る時にはぐったり、という原因はここら辺にある

トイレとか、乗り換え時間とか いつも気を張っている

s20170828 (18)h20170828 (36)s20170828 (28) 

駅舎のなかでは お蕎麦も食べられるが 駅前の信濃屋さんで昼食s20170828 (20)s20170828 (23)h20170828 (33)

昼時で 活気があるお店だ

13時半 宿の送迎車でお宿へ

アスティ黒姫』JA系列の宿 冷鉱泉の温泉の宿だ

値段が手ごろで 送迎があって 高原に近い、それが宿を選ぶ大きなポイントだ

すぐ部屋へ入れたのは ありがたかったが すぐに おでかけ

 

歩いて行けるところに 黒姫童話館と 散策できる御鹿池がある、と事前に調べてある

(一部は つれあい撮影分あり)

いわさきちひろの別荘もある ここから野尻湖を眺めながら仕事をされておられたそうだ

居心地良さそうだ

「時間どろぼう」という喫茶室で コーヒータイム

それから 御鹿池へ s20170828 (60)

散策しやすい、と確か書いてあったけど アップダウンがあるから つれあいにはきつい

池の周りを巡る、と思っていたが 池は一部しか見えない

なにより 暑~い                 

ここ、高原、だよね

避暑に来たつもりなのに 汗だくだ

結構 歩いて宿に戻れば17時

お楽しみの温泉はチャチャっと済まさねば…h20170828 (146)

残念ながら 露天はないが 展望はいい(妙高山は雲に隠れていた)

その夜 3時半ころ

何か物音を聞いたような気がして 目覚めた

ありゃ、つれあいがトイレへ行こうとして バランスを崩してベッドの間で尻もちをついていた

さいわい 怪我はないようだ

起きたついでに 窓の外を見る

1階で 目の前は駐車場だから 空はほんの少し

ほんの少しでも すごい!近眼のわたしでも 星が輝いているのが分かる

トイレから戻ったつれあいは すぐに寝付けたようだが わたしはダメ

人気のないロビーから 山が見えていたから 夜空も見えるかな?とそぉ~っと行ってみた

月がないから 見えない…

部屋に戻ったら オリオン座の三ツ星が見えた

素敵だな、もっと上階だったらどんな景色なのかなぁ

結局 明け方まで 眠れないままだったが 星を見れたから ま、良しとするか

夏休み、あとわずか

19.20日と孫③④⑤の3人だけのお泊りで この夏休みの子守り業務から解放された

それにしても 聞いていると こども達は 宿題もあれこれあって 

要領悪い子どもにとっては この数日は ひたすら叱られながら 宿題に追われそうだ

 

そんな孫たちも 今年はみんなそれなりに 楽しい思い出もできたみたいだ

 

3歳を祝ってもらった孫⑦、こんなメールに ビックリ!

20170813n (4) 馬に平気で乗っている!

 

20170813s (1) 孫①②⑥たちは 美山でキャンプ、川遊びを

20170802a (10) 孫③④⑤たちは 沖縄の蒼い海で

 

京都は 25日から2学期

ホッとしています

*****

本が なかなか読めませんでした

ここに感想を書くような本は 特に読めず・・・

(主にスカッと気分転換できる 推理小説ばっかり)

メモしておきたい言葉があった本はこれです   

樋野興夫さんの 『悩みの優先順位を下げる』

「なぜガンになったのか?」と 

決して 答えがあるとも思えない問いに苦しむ方へ こう語りかけるのだそうだ

 

これは 癌に限らない、と

答えを出そうとするから 辛くなる、確かにそうだと 思った

私の青春時代の恩師から勧められた ヴィクトール・E・フランクルの

『それでも人生にイエスという』 

心が 折れそうになった時は これ、だ

そうそう、ついつい目の前のことに とらわれてしまう悪い癖というか、性格?

あと

あなたには 死ぬという大事な仕事が残っている

そうなんだよね

今のところ、癌との診断を受けている身ではないけれど

この本は 生きるヒントをもらえたような気持ちになった20170822 (2) 

きのう 近所宅の植木鉢でみっけ! 

宝くじはすべて外れたけれど、でも これ見っけで、満足なり

孫⑦からのおたより

外から戻って郵便受けを覗いたら 葉書がきていた

先日3歳になった孫⑦の名前

で…これは…???

20170816みとの画 

娘に着いたよと知らせたら 「トトロ」を描いたそうな

んんん、そういわれると トトロに見えてきた

*****

1988年の公開された 『となりのトトロ』

3歳の孫にDVDをプレゼントした

わたしは トトロが大好き

どこが?と聞かれても困る

トトロは大中小に まっくろくろすけ、ネコバスも

雨の中のバス停も ネコバスが走る田んぼの風の通り道も トトロが気持ちよさげに寝ているところも まっくろくろすけが ザァ~っと隠れるところも

トトロが 傘を持って 独楽にのってぴゅ~~~んと空高く舞い上がるところも

とにかく いい、としか言いようがない

 

反戦とか ○○べきとか

そんな押しつけがましい所がないところが ないのもいい

トトロ、大好きおばあちゃん、で 孫たちの記憶に残ってくれるかなs20170816 (5) 

誕生月には入館料無料の日帰り温泉、無駄には出来ないと行ったけれど 盆で夏休みということを失念していた。

よそ様の子どもたちの行儀の悪さに ほとほと、疲れちゃった

(つれあいは 満足満足!いつものように !(^^)! )

s20170816 (3)

今年は おうちで花火

ここ2年前から見させてもらった近くのパチンコ屋さんの屋上からの花火大会鑑賞も

今年は 湖岸にで~んと立ち並んだマンションで 見える範囲も限られているだろうなぁと思い 家でテレビで見ることにした

次女は夜勤、三女は帰省できず、長女と孫3人だけが泊まりに来て 早めに予約のカードをつけに行き 観にいった

仕掛け花火は 案の定見られなくなっていたけれど、それなりに満足して戻ってきた

 

8日朝まで 台風5号の動きに翻弄され 県内でも 水害被害にあわれた方たちがいる

 

それなのに 花火を「わぁ~きれい」と はしゃぐのも 心苦しい…

 

タブレットで頑張って撮った花火

見られなかった人のお目にふれればいいなと思って 編集してみた

 

きれいです

湖面に 映って 琵琶湖ならではの花火です

 

いつか、奮発して 間近で ゆっくり鑑賞したい、とつれあいと話しています