月岡温泉

月岡温泉…大正4年(1915年)に開湯。現在の「月岡温泉発祥ノ地」の石碑付近の石油掘削中の井戸から50度を超える湯が湧き出した温泉

新潟からも近い温泉地だし 近郊の方にとっては周知のことかもしれない

故郷福井にも芦原温泉があるが そんな感じかなぁと 宿を決めるとき どこのお宿もどちらかというと高めめの宿泊代の設定なので 漠然とそう思った

ま、今回は記念旅だから、とケチな自分をなだめて ここに決めた

美味凝縮プラン【月岡美人会席】コースプラン 17,430円/人、この価格はいつも休暇村とか大江戸温泉を利用するものには 少々痛いけど

月岡温泉は 硫黄泉であると同時に「ナトリウム-塩化物温泉」・・・「硫化水素イオン含有量」は全国1位、「総硫黄量(硫黄成分濃度)」は全国2位を誇る、硫黄泉、その上、硫黄泉には珍しい「アルカリ性」の性質を有する。

 

硫黄泉がけどアルカリ性ってどんなんかな?ここに魅かれた

源泉温度は50℃、硫化水素による腐食や体のことを考えて 宿『摩周』では、源泉浴槽は「露天風呂のみ」

20181004h (176) 20181004h (170) 20181006h (2)

湯の表面に 薄く油膜もかすかに浮き ペリドット色した湯 ツルツルというのでもなく、でもしっとり肌になじむような 湯冷めしにくい 初めての感触のいいお湯

温泉に入るたびに お肌つるつる感が増す 美人の湯、といえる湯(土台が悪くてもお肌はツルツル、だね)

部屋の片づけを終えて お湯につかって足をのばしたら 足に打ち身ができているのに気がついた

お~、そうだ、あの時の…この朝、裏磐梯レイクリゾートをチェックアウト前 送迎車の運転手さんお勧めの猫魔離宮のアート鑑賞をしておこう!と 長い通路を通って 本館から猫魔離宮へ! 

一歩入ったそこは 別空間!

ウヘェ~すごい!と 壁のアートに見とれて横歩きしていたら 

急に視界が変転して わたしは ものの見事に 横へ階段3段踏み外し こけていた

この広~い空間にいたのは フロントの女の方ひとり、 幸い見えなかったようだ

階段も、転んだ先もふかふかの絨毯、目の前には ふかふかの椅子

おかげで大事には至らず、それより恥ずかしくて 

つれあいにも大丈夫と言ってごまかした (*´σー`)エヘヘ

これで3つ悪いことが済んだし やれやれ、と内心思ったもんだ

20181004h (12)20181004h (13)20181004h (14) 彼でなくて良かった

あそこは 1階なのに なぜか部屋へ行くのに階段が5段もあった 

杖歩行のつれあいに 悪かったなと思っていたが ここは4回エレベーターで移動できるのがありがたい

宿のこだわりは そこここにあって 例えば 食堂の椅子 20181005sz (6)

柄がそれぞれ違う 手作りの木の椅子の背中のカーブが素敵だ(家に置くにはでっかすぎるし、お値段が…)

料理にも食器にも そこここに活けてある生花、湯に入る時に脱いだスリッパの目印にも手書きの画が描かれてある

なにより浴衣が男女別柄がいい!だって いつも洗濯済みでも 加齢臭がするときがあるもんね(できれば枕カバーもそうしてほしいものだ)

胃の無いつれあいにおつきあいしているうちに こちらも容量がチッこくなったので 

美味しい料理を残さずに食べるのは それなりに大変

(おいしいものを少しづつ、っていうプラン、ないんだよねぇ…)

翌日は 町歩き(といっても半日もかからない)・・・なかなか頑張っている感のする温泉街だ(10月18日には「月あかりの庭」オープンということで トラックが行きかっていたが まだ造成中だった)

20181005h (15)

いつもは そんなことしないつれあいが 帰ってからお宿へお礼のメールしたそうな

お湯も、食事も 満足したみたいで 良かった

どちらの宿にも コインランドリーがないのが残念

途中お土産とか宅配をしても なお、帰りの荷物は重かった

そう思って 編み物も本も入れて来なかった私は 彼が温泉三昧している時間、な~んにもしない時間のはずなのに かえってそれが苦痛だったとは…貧乏性の自分に笑っちゃうね

 

20181005sz (72)こんなこともあろうかと スケッチブックは入れていた

 

CIMG9673 カリオンパークにある『びいどろ』でもう日本では生産終了したと 書いてあったから、これ買いたい!とつれあいが自腹を切った土産

昔 喫茶店にあったね~

くちばしが濡れている限り ずっと首を振っている

2日目には かわいそうになって夜間は コップの水を飲ませないことにした

見てるとね、可愛いんだよね、ピーちゃん

最終日、台風の速度が心配だった

でも 列車が遅れたのは 仙台での人身事故・・・世の中 何があるやらわからへん

ま、無事に帰って来られて 良かった良かった

広告

月岡温泉」への2件のフィードバック

  1. 福ふく

    月岡温泉。。。初めて知りましたが
    素晴らしいお宿のある温泉場ですね~ w(( ̄0 ̄))w

    階段落ちも 大怪我なさらなくて何より^^;
    太平洋側から日本海側まで
    フルムーンに相応しい長旅 お疲れさまでした (^▽^)

    ピーちゃん 懐かしくて可愛い♪ですね

    いいね

    1. buna日記 投稿作成者

      旅の記録を書いていると 後からあれもこれも忘れたことに気がついて 
      つい先日のことなのに 嫌なことはどんどん忘れていっちゃいます・・・
      ま、それでいいのだ!と思う事にしましょ
      次どこにしようかな~
      でも 家でボケェ~が一番いいな!と思う、わたしも居ます

      いいね

コメントは受け付けていません。