磐越西線~月岡温泉へ③

旅3日目は 「森と水とロマンの鉄道」といわれる磐越西線に乗ることが目的、愛称に魅かれて決めた

磐越西線は、福島県郡山駅から会津若松駅を経由して新潟県新津駅までを結ぶ東日本旅客鉄道鉄道路線

台風が通過した翌日は 午前中いっぱい運休していたので ひやひやしていたが 2日には 定期運航で 郡山から猪苗代駅まで乗車済み

この日は 猪苗代駅(10:25発)から 会津若松で快速「あがの」に乗り換え、新津で1時間待ち羽越本線で月岡駅(14:38着)まで・・・臨時のSLばんえつ物語は観光列車だけど 快速は観光列車ではなく いい景色のところを徐行…なんていう事もなく放送もない

20181004sz  (40)だから カメラ片手に 車窓に張り付くつれあいは 昼食がわりのパンを食べるのも落ち着かぬ 20181004sz  (41)  

福島県では「阿賀川」で 新潟に入ると「阿賀野川」になる川は 折からの雨で土砂色ながら 川幅の広いところではボート漕艇場になるくらい穏やかに流れる20181004h (96) 

喜多方駅から 車両は貸し切り状態 20181004sz  (46)

20181004sz  (48) 20181004sz  (49)

新潟県との県境近く、上野尻駅を過ぎたあたりから、急に川幅が狭くなり「銚子ノ口」と呼ばれる景勝地(川の色が残念…)

20181004h (98) 本来なら 手前の合流するような川の色なのかも20181004sz  (53) 雪が多いからか 屋根もこんな感じの家が多い

20181004sz  (54)20181004sz  (56)20181004sz  (58)

津川駅は狐の嫁入りで有名な所らしい 列車の行き違いで停車時間が長い駅20181004sz  (60)20181004sz  (59)20181004sz  (61)

新潟県に入ると阿賀野川と別れて新潟平野が広がる

新津駅は 列車の乗り入れの多い分岐点なので駅舎も大きい

20181004sz  (82)20181004sz  (88)20181004sz  (89)

待ち時間に新津駅を出てコンビニをブラブラ~

レジで お爺さんが手にしたパンのトレイを落とした大きな音がした

でも 周りの人は見ているし 肝心のお爺さんは 財布からお金を出そうとしていて パンはそのまんま転がっている

「手でひろっていいですか?」と聞いたら 店の人がうなづくので 拾い上げて渡す

当然、新しいパンに交換すると思っていたのに なんと、そのままでいいと言ったのか おじいさんがそれを受け取って出ていこうとする

複雑な思いで見送りつつ前を見ると レジ前の商品の上に 開いたままの財布がぽつん!

声かけられて戻ったお爺さん、黙って受け取って ちょっと、歩行あぶなかっしく出ていった(半身不随の方だったのかな)

駅の前のベンチには お仲間と思われるご老人たちに交じって ひとり、あのパンをほおばっていた

なんか、わびしいなぁ…

男は 気にしないもんさ❕だって、つれあいは言うけれどね

 

20181004h (148)

月岡駅は案の定小さくて 階段をえっちらおっちらしていたら 宿のお迎えの方が下で 待っていてくれた

正直に言うけど 駅に着いたとき それらしい車が見えないので ちょっと不安だったんだ 

名前も何にもない青い普通車の 無口な 運転手さんの運転で 宿まで7分

この日のお宿は 20181006sz (4)

磐越西線、先にありきで 検索した月岡温泉、彼も聞いたことがないというので どんなんかなぁ・・・心配して降りた

結果、無茶苦茶いいお湯!だったので~す❕やったね❕

広告