月別アーカイブ: 2017年12月

2018年 生きていることに感謝して

https://youtu.be/eti7-DNWReg

先日の旅で写した日の出です、気分だけでも…

日が昇る前の茜色の変化 日が出る時の黄金のかがやき

日の出も夕日も 月も星も・・・

いつかは 自分もこの宇宙のいちぶに還っていく・・・そう思うと こわくない

 

*****

今年から 『つれあい』じゃなく 普段の自分をそのままに 

(カメキチでもなく)ソーちゃん、と 書くことにする

ソーちゃん、ことしもよろしく♡

広告

今日入れて あと2日…気が抜けません

重い腰が なかなか上がらない…正月準備にかかる気がおこらない

大切な友人の母上が入院と聞いたばかり 

そして昨夕 26日またね~と別れたばかりの孫⑤が インフルエンザと診断されたとメールがきた

うそ~!

インフルエンザの検査は陽性

彼の場合 嘔吐が主症状…タミフルも飲んですぐに嘔吐とか

就寝前に もう十数回嘔吐しているとのメールがくる

娘は ただ誰かに聞いてほしいだけなのだろう

が 聞いたら 心がざわついて なかなか寝付けない…何にもできないのが 申し訳ない

 

朝聞くと 幸い 嘔吐は収まりつつあるらしい(脱水症状があれば 救急へ行くようにと言っておいたが それは行かずともよいらしい)

娘の心配は 3日から長い休みの後の仕事に でられるかどうかということ

上のふたりも 娘の怪我で 予定していた予防接種を受けていないという(もちろん、親たちも)

この先どう出るかによっては 確かに悩ましい

上と下に 一応隔離していると聞くが 狭い家のこと うつるならもううつっているだろう

 

潜伏期間を考えると わたし達も ギリギリセーフ???

 

そんなこんなで 気分が重い (で、こんな所に ぐだぐだ書いている、という次第)

20171222a (2) 孫⑤が 園で作ったカレンダー 

はよ元気になぁ~れ♡♡♡♡♡

 

どなたさまも 元気で 年を越すのは 所詮無理なこと

ならば 少しの希望だけは どなた様にも等しく 持てますように、と願いつつ

がんばるか!

2017年最後の旅~紀伊半島一周列車旅

「いいな、そちらは な~んにも考えなくても正月が来るんだもんね~」と嫌みの二つも言いたくなる年の瀬…すべきこと、と自分が思う事がたくさんある

昔に比べたら ずいぶん省略しているのに あれもこれもと思うから 気分の方が先に滅入ってしまうが ま、体がついていける内はね、やっておこうと思っていたら

もう 紀伊半島一周の2泊3日の旅からもう1週間も経ってしまった

不味いぞ、記憶が薄れてしまう…

 

1か月前に予約を入れていた宿から 電話が入ったのは3日前

一番の目玉だった トロッコ電車で行く温泉施設の故障で 温泉が入れなくなったという連絡だった

えぇ~っ!と思うが 故障と言われちゃどうしょうもない

それでも行くかどうするか…今回は宿の都合なのでキャンセル料は無いといわれた 

入鹿&湯ノ口温泉目当てに 切符は わざわざ名古屋周りで熊野市までの切符を買っている(ジパング割引なので購入時も時間がかかるし 変更もややこしい…困ったなぁ…)

最小限の切符の変更で済むよう 熊野市駅より先の空き室のあった休暇村南紀勝浦に予約を入れた(で、紀伊半島一周列車旅がメインになった)

三重県は縦長に大きな県で 移動がなかなか不便な所だ 

今までも計画はするが 時間的にどうかなぁ~と つい避けてきたので 今回はじめて通る場所が楽しみだ

時間的にも 旅行者には そう選択肢はないし 南紀3号は まだ和式トイレ(障害のあるつれあいには使いづらい)…こんなところが 人気のある路線とは違う

海沿いに走るのは 紀伊長島過ぎてだと見当をつけていたが 

トンネル続きで つれあいは カメラを構えっぱなしだ

天気が良いので青い海は キラキラきらめいている

ちょっと揺れすぎの列車は 車酔いの人は要注意か…

名古屋までは ウトウトしていたわたしも 空いている座席に移動して つれあいと同じようにカメラを構える(編集したものは合作です)

https://youtu.be/cOny9HQr5X0

少しは 車窓の風景気分になれた?だろうか

休暇村は1961年創業以来、国立・国定公園など優れた自然環境の中のリゾート地に作られているので たいてい散策できる場所がある

とはいえ つくられたパンフレットが もうずいぶん前だったりする、と今回改めて知った 

冬場なら展望台からの朝日が見える、と書いてあったので まだ暗く寒い夜明け前歩いていると 向こうから懐中電灯持参の散歩?している女性に出会った

聞けば「もしかして 木が大きくなりすぎて見えないかも…」との疑念通り 全く東の空の展望はきかなかった(けど、反対側の宇久井の町は見えた)

「急げ!」と つれあいをせかして 宿に戻り 展望テラスからの日の出撮影には ありがたいことに間に会った

今回は 2日間とも 日の出を拝めることが出来たし 

夜は星空を眺めつつの露天風呂を楽しめた (部屋からも 星が見えた…嬉しかった)CIMG6283

つれあいはもちろん 温泉三昧(22日はそのせいもあってか 夕食中に気分悪くなり 早々と就寝…懲りない人だ、全く!)

散策も当然した

一番早く海岸に出られるところを フロントで聞くと その若い女性スタッフは 驚いた顔をして「ここ高台にあるから ずっと降りなくちゃならないし…」

無理~!というような感じで言う(多分、この人はあんまり歩かない人なのかな)

でも ネットの案内には 書いてあったし 行ってみたいとつれあいも言う 

ダメなら引き返すつもりで 出発!

散策、という言葉からは の~んびり連れだって 写真撮りながら歩く、そんなイメージを持っているわたしは いつも休暇村の散策コースにだまし討ちにあった気分になる

階段には手すりはなく 人一人の幅しかない山道は 平衡障害のあるつれあいひとりが 自由に歩けるはずがない

ということで、今回も ず~っと ヒヤヒヤしながらの連続だ

立派な宇久井(うぐい)ビジターセンターがあるのに 観光客の姿はだ~れも見なかった

惜しい、この自然…

R0016626 こんな所から 散策路が始まる

結局 3時間近く歩いていた(旅に出ると つれあいはすごく頑張り屋になる)

少々気が張って疲れても つれあいが喜ぶなら えんやこ~らである

R0016734

食事は普通かな

温泉は 壺湯(ぬるい)のみ源泉の食塩泉

散策の後 4時間!そりゃ、湯あたりするよね

 

2017年の最後の旅も 無事に終わり 宝物の思い出に加わった

*****

子どもたちが大きくなってからのクリスマス、我が家はふつうの日だが 今年は 足の怪我で仕事に行けない次女が ケーキを手作りして 夕食もするからねと、泊まりに来た

親指の骨折は 治りが悪いらしく まだ骨はくっついていないらしい

受診の度に レントゲンを見ながら 「こりゃ痛かったやろなぁ~」とDrが言うとのこと

一応全治3か月の診断書だが 人手不足の介護職場 来年早々職場復帰の予定 不安そうだ

我が家は狭いから 娘の足に当たらないかと 気をもんでいたら 大げさすぎる、だって言われちゃった

IMG_20171225_204219 孫たちと 美味しいケーキを食べた 感謝♡

えぇ~ッ、そんなぁ~

三重県の熊野市、そこから路線バスで行く入鹿温泉&湯ノ口温泉に 明日から宿泊の計画を立てていた

 二つの温泉地を結ぶのは トロッコ電車、近くには 瀞峡という名勝地もある

ここへ行くには 紀伊半島をぐるりと回る、もうそれだけで結構な時間がかかるところだ

それと交通の便も悪いほう…1年前の夏にも ここへ行こうと計画したが断念した。どうにも時間のやりくりが難しいから…

でも、このトロッコに2つの温泉、この魅力にはあがらえず 懲りずにまた 一月前に計画し 切符も準備、そろそろ荷物の準備を…と思っていた19日の夜 宿から電話があった

宿泊確認の電話かと思って 気楽な気分で電話に出た

「機械故障の為、しばらく湯ノ口温泉を臨時休業させていただくことに・・・」

ハァ~っ???

とまぁ、そういう事ですと 電話の向こうの人が言う

入鹿温泉の方は営業していると言われても 今回の旅の目的は 故障した温泉の方だ…宿の都合なので キャンセル料は無いといわれたが すぐに即答は出来ず それからまた 旅の計画の練り直しにかかった

娘たちに事情を知らせ 旅先の変更を伝えたら 三女が 「旅に出る前で良かったね」と言ってくれた

おお~、そうだった

一度目 岩手網張休暇村では 着いたら 楽しみにしていた露天風呂が使えないと言われた

二度目 温泉の泉質が すごく気に入っているリバージュ日置川で 朝一番に入ったら ボイラーの故障で 源泉温度のままでブルブルしたこと

今までにも そんな事あったなぁと 思い出し、なるほど、行ってからでなくて良かったかもね

もう 日が迫っていたので 思うところにはなかなか空いている部屋が無かった(喫煙室はごめんだし)

温泉の質でいったら いまいちだけど ロケーションの良さそうな宿が空いていた

ということで 今年最後の旅は 紀伊半島ぐるり旅

切符の変更手数料も まあまあですんだ

*****

根室沖 大きな地震の確率が高いとのニュースを聞いたり まさに今 困難に立ち向かっている方がいるというのに お気楽なことを書くことに 身が縮こまる

が、PCの前で 毎日過ごしているつれあいとの生活には こういう時間が 必要なんです…なんて 心の中でつぶやいている(言い訳している、か)

もう、ハプニングは おこりませんように、と願いつつ 明日は天気もよさそうだ20171219sz (2) 先日買った毛糸で 帽子完成 見た目は悪いが この大きな頭にゆったりと耳まで隠れるし、いよいよ彼が三十数年前に買ってくれた帽子より マシなんが出来た気もする これ被って行こう!

メカに強い人求む!と 痛切に思う日々

もう 分からない

PCって どうして そっとしていてくれないんだ?セキュリティの為とはいえ、見えないところから 強制?的に 更新プログラムのアップデート、それも長~~~いのが

以前、これでPCが使えなくなった恨みも消えていないのに 昨日も ドキドキハラハラで見守って 再起動して なんか変なアイコンは増えていたけど、このくらいなら…と思ったのだが

今朝、カメラのSDカードから画像を取り込もうとしたら 認識できないと言われた

???

原因究明で あちこちネット検索やヘルプを見たけど???

結局 つれあいが使っていた カードリーダーから何とか取り込めたけれど 

今まで不便を感じないで使っていたPCが アップデートの度に コロリと変わってしまうなんて 誰に文句嫌良いのだろうね…

CIMG6064sz (1) 干支を意識して 犬のつもり…残り糸で 派手かな

昨日 手芸屋さんで チラチラ視線を感じ 横を見ると 同年代くらいの方が 帽子20171115n (9)を見て 話しかけてきた

「お手製ですか?」

ワオ、苦手なんです、こんな場面は…だって 近くで見られたら 手抜きばれちゃうもの

アセアセしながら お店の売り上げに貢献し その場を離れた

CIMG6068 黒い雲の上の雲は 茜色

サングラスしているつれあいが ほらこれだともっときれいな夕焼けに見えるよといった

確かに これより数倍 あかい夕焼けだった

 

日曜定例の義弟への電話で 一昨日夜 メニエルの症状が強くて 救急車で受診、点滴して落ち着いてタクシーで帰ったと聞いた

電話を通しての声は 元気だったというつれあい

「御飯とかちゃんと食べているって聞いた?」「…そんな話はせんかった」

「・・・・・」

つれあいも 尿管結石で救急車で受診したのも おととしのこのくらいの時だったな…もう、兄弟して…ね

やっぱり田舎の一人暮らし、不安だな…

でも あんまり悩まんとこう、今はまだ、と思っている

孫⑦が 父親のまねして 腹筋運動をしている動画を送ってくれた

これを見て ニヤニヤしている、今

12月13日(水)長女夫婦と いい時間

CIMG6048 寒い、寒いと言いながら

孫②のプレゼントを渡しに 娘の住む地の駅前のイオンで 待ち合わせCIMG6049

婿殿も一緒

昼食を共にした(前回はカニを食べることで 話らしい話もしなかったなぁと 思いながら)

ふたりが行った手作り市で 二人が気に入ったというCIMG6056を もらった

ま、いろいろあった二人だけど、こういうところが 波長が合うから 15年夫婦でやってこられたのかな、なんて…ふたりを前に 話をしながら あったか~い気持ちになる

あったか~い、どころではないハプニング付きだったが

運ばれてきた炙り丼は がついていると説明があったのに、

こっちが 話に夢中だったのでつれあいに気が回らなかった

アツ!という声で隣を見たら ドンブリの縁を素手でつかんだあとだった

そりゃ、熱いわさ‼

婿殿が 氷水をもらってくれて 手を長く冷やせたので 火ぶくれには至らずにすんだ

もう、夫婦してドジなことばかりの毎日だね

帰り、時雨れてきた

今晩、降るかなぁ…