青森への旅4日目~奥入瀬渓流を歩く

h20170601 (45)

旅に出ると 早起きできる私

寝る前には カーテンも開け 外が見えるようにして寝ているから 外が明るくなると 身体が反応するようだ

昼前からは 雨の予報のまま…でも目覚めた時は まだ降っていない

いつもなら 朝風呂をゆっくりしたいつれあいだが

散歩に行くというと 一緒に行くというs20170601 (8)

好きだなぁ…旅先の朝の散歩

 

今回の旅の一番の目的 「奥入瀬渓流を歩く」こと

image 

ホテルから 雲井の滝まで 1時間1本渓流シャトルバスのサービスを利用し、天候次第で無理せず 8時のバスで出発~さみだれ(三乱)の流れで下車し 歩き出した

20年前 この道を歩いたときは 秋の紅葉時期、

まだまだ元気だったので さっさと歩けたし 阿修羅の流れでは 足を止めた記憶があるが 

石ヶ戸の瀬で バスを降り そのまま銚子大滝まで一気に歩いたんだっけ?

つれあいの記憶もそこら辺があやしいが 銚子大滝を見て 感激したのは覚えている

今回は どう見ても そこまでは無理…だ

新緑の中の奥入瀬渓流は 旅番組でもたびたび目にするが やはりきれいだ

水の流れ

自然な景色…倒木はそのままに

後から 知ったことだが 川とは反対の森の中に ニホンカモシカが 人間を観察しているそうな…そんなところだ

奥入瀬渓流は∪字形をした渓谷、谷底の平坦部が比較的広く、湿った環境を好む植物が広く分布。十和田湖を源とするこの川は、水量が安定し洪水も少ないのが特徴

歩くときは 川をさかのぼる形で歩くのがいい、と 送ってくれたスタッフの言葉

遠くまでバスで行って ホテルの方へ歩く人が多いそうな

天気次第なので 時計と空と そして平衡バランスの悪いつれあいと 肝心の川の景色と…

当の本人は そんなこと お構いなしに 杖を持ち変え 写真を撮る

その次の一歩が いつも危うい

朝降ったという雨のせいで 地面もすべりやすい、一度あわや、という場面があった

川の流れも 昔のようで 昔のままということはなく

だいたい川近くを歩けるが ところによっては道路際にもなる

比べてみれば 彼のとった写真の枚数は わたしの倍!

ともかく 8時10分から歩いて3時間、やっと雲井の滝まで…

欲を出して先も見て見たいところだが グッとガマンして正解だった

11時半のバスに乗せてもらって ホテルの玄関を降りたら ポツポツ…雨が

なんだか、私たち守ってくれているのかね、誰かに…と感謝したくなる

傘を持って、写真を撮りながら 杖持って歩く、つれあいも 「とてもそんなことできなかっただろうなぁ」と 帰ってから しみじみ言う

なかなか自分の障害を認められないつれあいが言うのだ、現実は 厳しいのだ!

午後 彼が温泉で癒されている時

わたしは 窓いっぱいの新緑に落ちる雨の景色に ボーッとしていた

宿泊代がお高い、からか 部屋には足のマッサージ器があり それを使いつつ…

*お高いで 思い出したこと

モダンツインルーム(連泊¥82,000也)1泊2食付~青森のりんご魅力を味わうビュッフェ~、これって わたしとしては 清水の舞台ものなのだ

それだけ 期待していたのだ

なのに…雰囲気は 悪くはないh20170531 (256)h20170531 (257)

いかにも リンゴリンゴ、している

でもね、デザートにあったリンゴは 今旬ではないと感じさせる、味も何もないリンゴ

期待したデザートの種類も無い

品数も少ないし、2晩とも同じ…と 内心面白くないなぁと思っていたら 連泊者のみのサービスということで マグロの刺身とすき焼きを持って来てくれた

・・・・・・文句言うなということか…

青森屋の方が 宿泊代も食事もほかのサービスも 良かったなぁと ついつい比べてしまうわたしでした

**連泊すると 部屋の掃除について聞かれる

今回、どちらも なぜだかコインランドリーがないホテル(これ不便!)だったので 小物を洗って部屋干ししたかったから 掃除は無しにしたら

青森屋では 500円、奥入瀬渓流ホテルでは1000円分の売店で使える券をもらえたよ

***

奥入瀬渓流ホテルでは いろんなアクティビティが 用意されている

たぶん、もうここを訪れる事はないと思うが 二人の思い出「赤沼」へ行くこともできるらしい

奥入瀬渓流の魅力を伝える「森の学校」に 2日目の夜21時からのに参加した。ここで 散策の時に 下に落花していた可愛い花が 栃の花だと教えてもらったs20170601 (207) 白くて一点赤い小さな花

『ズダヤクシュ』『クルマバソウ』…な~るほど、こういう時間は とってもありがたい

20年前にやり残した宿題を 果たせた気がした

雨は だんだん強くなっていた

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中