月別アーカイブ: 2017年5月

昨日も 図書館へ

ニュース見ていると 心がざわつきます(わがカメキチに同じで)

 

子どもが 亡くなったり 重体だと聞くと

親のことが 戦争や武器で大儲けする人たちと同じレベルで 腹が立ってきます

 

そんな社会にした 大人の一人であることが 悔しい…

 

昨日は図書館へ 

歩くのが だんだん暑くて厳しくなってくる季節です

 

辛夷の根っこに 木片…

 

f:id:buunanome:20170527104038j:plain 見上げると

 

f:id:buunanome:20170527104010j:plain

骨皮みたいに 中が空洞になった辛夷、でも 生きています

葉がきれい

 

この季節 出てくる新葉は 赤いのが目立ちます

調べると 春の新芽には葉緑素が含まれているが、紫外線に弱いため、赤い色素であるアントシアニンが盾になって、紫外線から葉緑素保護しているということ、らしいですね

f:id:buunanome:20170527104711j:plain

ドクダミが かわいい

f:id:buunanome:20170527104802j:plain

f:id:buunanome:20170527104902j:plain

マツバギクをみると 花言葉「怠惰」がすぐに 頭に浮かんじゃう

この 白い「怠惰」すごくきれい! なんて つい知ったかぶりで言ってしまう

(心広い愛情、というはなことばもあるのにね)

f:id:buunanome:20170527110122j:plain

いつも巣をつくるお家の軒先に 今年も かわいい頭が見えたので カメラを構えたら

頭を低く 後ろへ・・・ごめん、ごめん

 

もう 昼顔も

f:id:buunanome:20170527110346j:plain

 

ここんとこ 何も身近で 嫌な出来事が起こらないと思っていたら

広島の実家(義母が逝ってから義弟の一人暮らし)から シロアリ被害を知らせてきた

冬はカメムシとの攻防戦に 恐れをなし

今度はシロアリ、ますます 帰省したくなくなる、つれあいには申し訳ないけれど…

 

人生 良い事と悪いこと 交互に、イヤ一時にくることも

そんなこんなで もう5月の終わりが見えてきた

f:id:buunanome:20170527111001j:plain

鴨足草と書いて「ゆきのした」と読ませることが多い。夏の季語

雪も無い季節に咲くのに ゆきのした…拘ってしまうわたしです

 

(こういう記事は 別ブログにアップするのだけど 容量がどうたらこうたら…ちょっと意味が不明なので 今回はこちらで)

広告

北原亞以子さんの本を読んだ…あぁ~淋しいね

今朝も ベランダで イソヒヨドリのさえずりが聞こえています9月11日

スズメの姿が 昔に比べて少なくなり この辺もムクドリと鳩をよく見かけるのですが

近年 イソヒヨドリの姿を見かけます(姿は見えねど 鳴き声の方が多いかも)

元々は 高山の岩石地帯に生息する鳥らしい。日本ではなど海岸周辺が主要な生息地域だが 近年都市部にも生息

初めて この鳥を意識したのは 伊東の町を歩いている時でした。目の前を とってもきれいな瑠璃色が横切ったのです。あとで、伊東市の市の鳥だと知りました

そんなことがあった後 我が家にも この鳥が 時々姿を見せてくれるようになったのです

京阪電車の行きかう駅でも

イオンの上の方でも

こんな所に生活の場を移して 生き残りを図っているのですね

鳥 (2) 鳥 (1) 5月19日博通編 (8)

鳥を写すのは 難しくて 数打ちゃ当たる、みたいな撮り方ですが…

ついでに載せちゃおう~今 整理中なので

10.21 図書館へ (1) 12月29日 20120902 (83) 6月15日 (4) 

いつもの図書館へ行く道で 4月10日 (15)

ん?と思っているうちに 見えなくなってしまいました

まだ 熊には会った事はないけれど

*****

 慶次郎縁側日記シリーズの最終巻 

北原亞以子さん独自の世界 

これで後がないんだ…あぁ~悲しいな、淋しいなと思いながら読みました

時代小説の中には ちょっととっつきにくいのもあるのですが 北原さんのはどの本も 心の中が じわ~っと 暖かくなってくるのです

庶民の どこでもいそうな人たち

もうなくなりかけている人情は こんなもんかなぁと 

まるで江戸の町に 身を置いて その空気までもが感じられる 

残念…

『あなたの人生の物語』を読んだ

映画館へ足を運ぶ、カメキチが元気な時は それなりに行った方かも

今は 孫のお守りの一環として カール爺さんやニモやに会いに行くのみ

つい最近 テレビで f:id:buunanome:20170523101551p:plainという映画の CMが短時間流れ

ちょっと気になったので 調べてみた

SF風な印象に ETみたいな映画かな?と期待して・・・

 

でも ちょっと違う感じ

 

映画館まで行く気も失せたが 映画の下敷きになっているという テッド・チャンの「あなたの人生の物語」という題名に魅かれた

 

2003年の出版の文庫が 図書館にあったのですぐに借り出せた

(今はもう 考える人は同じなようで 次に予約する人がいる)

画像検索結果 そんな昔に出版されていたこと

いろんな賞をもらって 高い評価をえていたこと

SF、というだけで ちょっと引いてしまう自分だから 全く知らなかった人

本は 8編の短編からなり、そのうちの「あなたの人生の物語」が映画の下敷きなんだそうだが 映画とは 結末も違うようだ

 

物理や数学をモチーフにした作品なので 頭がついていけない

むつかしい、けど 途中で投げ出したくもない

おもしろい、なんだけど その半分も理解できていないことだけは 悔しいけれど分かる、そんな本だ

 

へプタポッド(異星から来た生物)は同時的認識様式を発達させ あらゆる事象をある順序で経験し、因果関係としてそれを知覚する。その根源にひそむ目的を知覚する

最小化、最大化という目的を

何のことやら…

同時進行で 亡くなった娘のことを 思う主人公、そこに んんん・・・何か言いたいことがあるんだよね、きっと

 

数学脳の持ち主ではないのが残念じゃ…

 

読後感としては悪くないし またいつか思い出すかもしれないなと思う本だ

 

*****

つれあいのブログに ケチつけたくなる

 

ニュースを見て カッカして

図書館から借りる本は わたしが見向きもしない本で

書く内容は それ、受け売りじゃないの

と 

皮肉の一つも二つも言いたくなるような真面目な事柄ばかりで

そんな学者か 評論家みたいなことばっかり書いて ええのん?

コメントは おおむね好意的なんばかりいただいて

調子に乗ったらあかんで

 

でも 本人は いたって真面目に 向き合っていることだけは

しゃぁなく認めてあげるけど

 

でもね、障害を持った自分の苦しみに もっと向き合ってほしいんだよね

ま、

最近は ラムレーズンチョコの出番が少ないけどね

 

何だか、今のつれあいは 知り合ったばかりの頃 

いかに真の社会主義社会はスバラシイかを 

わたしに向かって言っていた時みたいだ

 

そのわたしは もう現実の正体を知っていいるからね!

フン!なのだ

 

バカにしているやろ?って 

 

分かっているじゃないですか

(ᅙωᅙ)ふっふっふ

f:id:buunanome:20170523110726j:plain

タイサンボク、もうじきかな

 

5月22日(月)写真の整理中

毎日 同じことを聞いている

「お昼 何にしよう?」みたいなことを

同じような日が 一日一日過ぎていく

考えてみれば すごく当たり前で

奇跡のようなもん、だ

 

でも 今朝は 朝から 困ったことが…

ここ数日あまりに 暑いので 半袖の服を出そうと整理した

が、よそ行きのつもりのポロシャツが どこか行方不明

もう3度もひっくり返して 狭い収納場所を探した 

隠れていて出てこない

しょうがない

時々 こういうことがある

 

諦めて また写真の整理にとりかかる

2012年、今日でなんとか片付いた

ぽいと ゴミ箱に捨てるには ちょっと気になる画像を・・・

ちょっと気になる (1) これは 落ちていた柚子

へたが取れた後が いいね

旅先で 散歩で 声かけられるような気がする時がある

ちょっと気になる (23) ちょっと気になる (28) ちょっと気になる (25)

パクっ!・・・お~い!かな

 

ちょっと気になる (11) 掃除しにくそう

ちょっと気になる (10) なんで?

ちょっと気になる (12) なに?

ちょっと気になる (8) 今時の駅舎は 面白いのがある これもひとつ

ちょっと気になる (13) 忘れられない 谷峨駅前の笑顔の石

ちょっと気になる (19) ちょっと気になる (14) ちょっと気になる (17)

自分が お気に入りの写真

整理が面倒になってくると ゴミ箱行きの選別基準が 厳しくなって

ホイホイと 写真を消していく

多分 あと何度も見る機会はないだろう

でも こうして旅の写真を見ていると その時のことが つい先日のように思えてくる

 

つれあいが 障害者になって 共に旅した思い出は 写真がなくても 記憶の奥深くにある

それも たぶん 平均以上かも

 

でもね、最近 あっちもこっちも観光しよう!という気力が…

 

老化現象だよね

そう、臭覚も変化するのかな

数年前から 匂いのきついのに耐え難い時が多くなった

台所の いつもの食器洗剤、予備のを足したら 

臭い(匂いじゃない)が 変!

ラベルの絵が 微妙に違う

もう この洗剤使いたくない

でっかい詰め替え用を買っておいたのに

我慢するのも 苦手になってきたような

あぁ~ 暑いなぁ

カメキチの好きな人

先日 図書館の新刊コーナーを覗いたら なつかしい人の本が文庫になっていた

我がつれあいが 出会った頃 傾倒していた人だ

「著者最後のエッセイ」とある 中に闘病記「三度目の敗北」も収められてあるというので 借り出した

「わが解体」の本なら 持っているよ!と ちょっと自慢気?に言うつれあい

そんなぼろぼろの本など 読みたくないよ~だ

 ちょうどわが青春と重なるこの時代

学生運動盛んだったが 働きながら夜学に通うわたし達 

1973年には長女誕生し、ねんねこに包まって 大学の集まりに出たことも 

デモに参加もしたこともあったけれど

生活がかかっていたから 仕事は真面目に

授業も 単位を落とさず

卒業をめざした

家にテレビも風呂もない

新聞も購読していない

ある意味 情報に振り回される環境ではなかった

だから あらためてこの本を読んで(と言っても難解で 斜め読みだが) 

当時の知らなかった学生運動、その結末、そして何が今なお引きずっているのか

ほんのちょっとだけ 知ることになった

といえど わたしには こういう本は 苦手だ

高橋和巳という 偉大な人でも 癌の痛みに苦しんでいる時は むつかしいことなど考える余力も無かったということに 一番うなずけた

今 何やら国会で この先暗雲が…と言うような法案が通過していく

彼が この時代に存命なら なんというのだろうか

 

ほんとは 真摯に こうした動きに 向き合わなくてはいけないのだろうが

無力感が先に立って

今自分のできることを!と 思うのみ…

言い訳だ

 

*****

昔の写真の整理中

5月15日(月)

昨日 私が運動の為 階段を下りてみた

ペンキの汚れ防止の為か、下に薄いビニール?が貼り付けてある

階段リハしているつれあい、一人で上下するのは かなり怖い

だから 今朝は 近くの散歩に出た

庭の草花を 勝手に写真を撮って怒る方には出会った事はないけれど

家人が居れば 一応の声かけはする

 

新旧入れ替わりの家並みでは だんぜん昔からのおうちの庭がおもしろい(新しい家の前の花々は ガーデニングしてますよ~といっているようなお花が多い)

CIMG3205 姫小判草?よ~く見ていると 虫っぽい

どこかがむずがゆくなる、でも 味がある

CIMG3206 なんで こんなところにニョキッと?

CIMG3213 紅白の蕾 CIMG3214

ここのおうちのバラは 今年は特に花が多い…時々手入れされている高齢のご主人をお見掛けしたが 今日は雨戸が全部しまっている

と、玄関先に CIMG3219 こんな張り紙

何か トラブルがあったのかなぁ・・・

こんなきれいなお花咲いているのに、なぁ…

 

角を曲がる、こちらのお庭も 季節により 通る人の目を楽しませてくれる花々が咲く

後を歩く わがつれあい

ついて来ていると思いきゃ 居ない

ピントが合わないと ぼやきながら つつじの花に手間取っている

もぉ~

 

ごめんごめん、一番きれいな時に写してあげたかったなCIMG3237

散歩のあと つれあいは先に帰り イオンへ買い物へ

G.G WAON の日だからね・・・やはり 店内は高齢者の姿が目立った

野菜は やっぱり火曜デー、か

今日は 菓子ばっかり買って帰った

5月11日(木)新しい眼鏡を受け取りに~

5月11日 (28) 一歩玄関を出ると 白塗り中(下地)の廊下だ

このほうが明るいね

ペンキに注意!と書いてあるので 平衡障害のあるつれあいには 緊張するのである気がぎこちない

今日は 調光レンズの眼鏡を受け取りに出かけた

 

帰りに 図書館で本を 計13冊借りることが出来た

 

平々凡々、狭~い世界で生きていると思っていたのに

わたし達から見たら、マラソンや英会話の勉強にと、その努力や意気込みに 

大いに感服もしている ブログ友のごいさんから 

『タイムマシンも使いこなして、ずっとずっとはるかに広い空間に住んでいるよう』

との コメントをもらって

なるほど!

本の世界で 別な人生を味わっている感覚は いつもあるのだが

そういわれりゃ、そうだ

なんと贅沢な空間に わたしゃ、住んでいたのだと思い知った次第

(ごいさん、ありがとう!)

 

紫外線が強いので つれあいの眼鏡は あっという間にサングラス並みになった

目が悪いことを 周りにアピールするために 伊達サングラスをかけていたけれど

これで、遠くも良く見えるし、眩しくないし

本人も 満足

・・・

丸眼鏡にこだわるからね、ちょっと その道の人にも見えなくも無いし

どこか漫画チックでもあるんだけど

ま、本人がいいと言うのだから…

 

今日は pm2.5が多いそうだ 

晴れているが 琵琶湖から遠くまでは 見えない

5月11日 (4) 

今日は 外歩きが出来ない(いろんな事情で) 鬱々されている方がたへ 

初夏の琵琶湖から 風と共に 写真をおくります

元気になぁ~れ~