『むかし・あけぼの』

『枕草子』は 古典の授業で習った

平安のむかし、こんなことを感じて 書きつけた女のひとがいるのだと知った

季節の移ろい、雪の日の様子など いいなぁと思った

その後 何度か 本を手にしているが

同じ日本語なのに 異国語のようで 解説とにらめっこして読む枕草子は

魅力半減…わが教養の無さを嘆くしかなかった

 

昨年から 古典を読もうと思い立ち 日本のものでは

源氏物語(瀬戸内寂聴訳)・更級日記・わたしの蜻蛉日記(瀬戸内寂聴)・紫式部日記ときて あらためて枕草子にと思ったが 本屋の立ち読みで見てが 解説だけのものが多いなか

田辺聖子さんの『むかし・あけぼの』上下に出会った

 

やったね!

おもしろく 最後まで読めた

あくまでも 田辺さんの清少納言ではあるけれど

生き生きと、ビンビンと、文中の彼女の想いが 伝わってくる

何時の時代も 変わらぬ人間模様

こんな人 昔も今も 居るんだよね

才能豊かな人だね

お友達になれたかどうか…んん…分からんな…

さぁ、次は 何を借りようかな?  昔むかし

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中