月別アーカイブ: 2014年6月

好奇心があれば

『そのつぶやきは犯罪です』という本を読んだ   6月27日静枝編 (7)

よくも理解できてないままに、ここにブログを作り、たまにわが胸の鬱憤を晒している自分も、自戒を込めて読み終えた。夫のブログも、時に過激になるので、一読を勧めた。

男って、社会に向かってもの言いたい傾向があるようだ。私としては、障害者として感じたことを書くのがいいと思っている。どちらかというと、彼の前で、彼のブログを読むのが気恥ずかしいくらいだ。

退職後は目と頭のリハビリを兼ねて毎日規則的にパソコンに向かい、ブログの文章に呻吟する夫を横で見ていて、ブログ1年分をまとめて印刷し、誕生日のプレゼントにしようと考えた。

が、編集の過程で、あまりの長ったらしい文に「こんな文章じゃぁダメダメ」、私の独断と偏見でもって編集しなおしたもんで、誕生日には間に合わなかった。

文意は尊重したが、文そのものはえらく変わってしまった、と私も思う。それだけ改善点はあると言いたかったが、プレゼントしたものとチラッと見ただけでお終い…にされちゃった。絶対気を悪くしている、ね!!(彼の画はどれも味があってサイコーと思っているけど)

孫がゲーム機で作った動画を、YouTubeで公開した。それも、どんなかな?という単なる好奇心から…夫がヤレヤレ!と横でけしかけるようなことを言うので、次にわが写真もアップした。グーグル+でも公開したら?というからそれもやってみた。

けど、フェイスブックやらツイッターになると、その仕組みがよく分からなくて、登録したり抹消したり…携帯からスマートホンに変えるのも同様に迷っている。旅に出た時の地図や路線案内などのアプリだけしか必要とは思えないし…ここら辺が、わが限界?かななんて思ったり…

そうそう、住民税の催促の書類がなかなか来ないので、市へ電話したら、65歳で年金生活者の私は、非課税になったんだそう…複雑…でも、生きている価値がどうのこうの、なんて考えんとこ!

産み月近くの娘は、暇さえあればスマートホンを眺めている。私は、昨日2冊本を読み終えた。とりあえず、好奇心はまだ健在だし。

広告