月別アーカイブ: 2012年10月

やっと金木犀が…今年は遅かったね

かっぱ

この香りには甘酸っぱい青春とそして6年前のカメキチの胃癌手術後の日々を想い出させる

病院の周りの金木犀の花いっぱい手のひら一杯病室に持ち込んだら

落ち込んだカメキチが嬉しそうだった

昨日から末の妹の孫の一人が今集中治療室の中

そして今日は母の命日…19年も過ぎた

いつどこでも生きている限り、いい事も悪い事も「普通」の顔してやってくる

金木犀が毎年咲くのが多少遅れたって、ね!

広告

そりゃ~ぁね…

ここには、できるだけ自分の偽らざるところを!なんて思うけれど

言葉になった時点で、もう『違う』ような気がしてくるし…

かっこつけている自分がスケスケ

夜道の通りを横断する時 てっきり後に続いていると思ったカメキチどんが

実はまだ歩道にいて 迫りくる車のライトに照らされて私がぼっと立っているなんて…

どう?腹立たない?

傷害を負い慎重なカメキチどんは そんな時でも黙っているんだよ

で、一人プンプン怒って彼を置いてけぼりにして先に帰る私も私だね

帰宅後は会話もなく 8時にはもう寝室に行って寝たカメキチどん

悲しい、悔しい、もどかしい…いっぱい言いたいことは夢の中で言ったのだろうか?

ハァ~とてもとても善人にはなれそうもないね…凹むね…

9月28日 (9)