『じゃ、どうする』…どうする?

佐野洋子さんの言葉と 北村裕花さんの絵が なんともいえない味わいがある

ヨーコさんの“言葉”のシリーズ完結本(5冊目)になる

 

佐野さんは 2010年72歳で亡くなられた

母と同じ年齢だ

姉は それを越えた

わたしは もう目前だ

だからかな

ヨーコさんの言葉が 今 とってもよ~く分かる!

自分の老いを見つめて 

じゃ、どうする』?

どうにもならん

ほんまや 次々へまなことをやらかしては 立ち止まる

でも どうにもならへんのやもん、しかたないと 頭ふりふり生きていく

 

急に義母と同居となった方が いろいろ感じた悩みを blogに赤裸々に書いている

今までは 嫁の立場で そうだそうだと共感していたことも

いまじゃ 「でもね、その義母さんも 急な同居で どう嫁と接していきゃいいのか分からん上に 認知機能も落ちているし、からだもいうこと聞かへんし、初めて経験する老いの失敗を 自分でも認めたくはないんとちやうかな・・・」などと

ついつい 義母さんの側から 弁解しながら読んでいたりする

どうにもならへんって 結構つらい

 

84歳10か月を生きた義母は 最後まで視力は良かったし 

入歯ではあったが 旅先では 料理も残すこともなく 携帯のメールも覚えてくれた

我が家に泊まっても 汚れものの下着は なかなか出してくれず(帰って洗うからと)言って 動ける間は 洗わせてくれなかった

旅先で ドラッグストアに寄ってほしいと言われ尿漏れシートを買ったあの日 

一見、元気な義母の 秘密にふれた気がして 申し訳なかった

 

実の娘なら あけすけに そういうことを言えるかというと 

無理!だな、今のところわたしも

 

そういうもんなんだよなぁ

別に隠すことでもないけれど 

年寄りって 

それなりに 悩み多きお年頃なのだよ、

娘たちへ(な~んて、読んでないと思うから書いちゃった)

CIMG9880

広告

失敗ばっかりの日々

CIMG9917

朝 コーヒーを淹れる

ろ紙をセットする

で、ここで何かほかのことを考えた

そしたら また手が勝手に ろ紙を出して セットしようとして ギョッ❕

 

カバンの中 さっきから探すのに 無い?

保険証の類は いつも定位置にしまうようにしているから 無いはずは無いと

何度も見る

無い

最後に触ったのは ・・・・・・あ、昨夜、あれをこうして・・・

もしやと 見た場所に あった

入れた記憶がないけど そこにあった❕

 

TVを見ながら(といっても ほとんど聞いている方が多いが)編み物をする

模様編みなので 間違えないように

なのに 数段編んだところで ややや!と 間違いに気づく

その繰り返し

毎日 我ながら お恥ずかしい限りで 生きている

CIMG9949

 

いつも火曜デーは 林檎が安い

たいていは1個98円!と 大きく書かれている

で 先週は ジョナゴールドが一番大きいから 余分に買ってレジへ

「170円ですね!」と言われた

えぇ~っ???

恥ずかしいから そ、そうですかとしか言えなかった

帰りに 売り場で確認した

98円のシナノスィートとフジの間に 170円のジョナゴールドが置かれていた

そういうことがあったので 今日は 注意して買い物した

今日は ジョナゴールドも98円で売っていた

なかなかイオンも考えているじゃないか、と 思った

でも きょうは フジだけにした

 

そんなわずかなお金の差に ああだこうだと わめくわたしに つれあいは 絶対心の中でバカにしていると思う

今朝 ジャパンライフとやらで 老後の資金を失ったたくさんの高齢者がいると ニュースが流れていた

そういう人は けっして98円云々で わめいたりしないだろうな

CIMG9945

何が撮りたかったかというと 葉っぱの上の水滴…うまく撮れなかった

『おらおらひとりいぐも』

あと何年生きられるか・・・

死ぬことは この先確実なんだ、ということを わが身のこととして考える

今 死病を宣告されたわけでもないのに いつからか 逆算してものを考えている

そんな 自分と同じな 主人公の一人語りで構成された本

おらおらでひとりいぐも 第158回芥川賞受賞もったいなぁ~と思いつつ読んだ

脈絡もなく 細切れの思考がここかと思えばまたあちら

むふっ!わたしだけじゃないのか…

飽きないといっても飽きるのである

自分の老いは さんざ見慣れている、だども娘の老いは見たくない

だよなぁ~同感です

心にしまいたい言葉

自分がやりたいことは自分がやる

子供に仮託してはいけない

仮託して 期待という名で縛ってはいけない

自分は?どうだったろう・・・

毒親に苦しんでいるというblogが あまりに多いことに 愕然とする

ま、わたしも 母のアルコールには反発していたからね…気持ちは分かるんだけど

今は その母の気持ちが分かるからなぁ 複雑だ

ある時期を共に過ごして やがて右と左に分かれていく それでいいのだ‼

ここは 最近聞いた気がする…あ、樹木希林さんの生きざまに似ている

この本の中で 今のわたしには 今一つ分からぬ箇所がある

夫の突然死で 主人公の想い・・・ここは あの人を想って読んだ

 

おめは ただそこにある

何もしない

ただまぶるだけ

そうか、ただまぶるだけ、ね

CIMG9889 まぶる=みまもる

図書館までの紅葉を 楽しむ

エルニーニョ現象発生と 今朝のニュースで

暖冬らしい

図書館への道端に あれ~と 思わずしゃがんでよく見た

CIMG9915 春の花のホトケノザ?

桜の葉の紅葉が 陽に透かされて きれいだ

銀杏も 青空に映える

この1週間、読む本がなくて 編み物しすぎた

年取ると 何事もほどほどに と実感させられるよね

緊急停止スィッチ&指差し云々のこと

昨今のニュースで 運転手の意識が急になくなって…という事故の報道が多いような…

そんな車に乗り合わせても 運転できないわたしなどは せいぜい死ぬ覚悟であわあわするだけと 思っていたが 今朝のニュースで 一部の大型バスには すでに緊急停止できるスイッチがあるらしい

さっそく検索してみた

日野自動車は、ドライバー異常時対応システムを自動運転につながる運転支援技術の1つと位置付け、自動ブレーキに操舵(そうだ)の制御を組み合わせて段階的に高度化していく。今回発表したスイッチを操作するタイプは第1段階とし、ドライバーの異常を自動で検知するタイプ、次に車線内の走行を維持しながら停止するタイプを市場投入。最終的には周囲の安全を確認しながら路肩に退避して停止するタイプを製品化をめざしている、らしい

今のところ路線バスには 使えないようだが 装備されたバスには 運転席と 最前列の上の3か所にあるらしい

 

運転中なのに 客が暴力をふるわれ 橋の下に落下した事故映像も記憶に生々しい

運転手の仕事も 応募者も少なくて きついそうな…

 

昨日も 近くのバイパスの高架下で 高齢者が 軽自動車にはねられた死亡事故があった

折しも 横断歩道で信号待ちの時 

右折する車が動きだして その後ろの車も のろ~っと動き始めたのが 視界に入った

が、なんと 運転席の女の両手は スマホを触っている

目線も 完全に下!なのに 車は動いている!

見て見て、と 隣のつれあいに おもわず指差しした

そのまま 車は右折していった

なんとまぁ~あんな時には 緊急停止装置が働けばいいのに

でも 後続車がいたら…それはそれで事故がおきそうだなぁ

 

小さい時から 人を指さすなと 教えられてきたので 

誰かを指さす時は かなり意識して使っている、つもり 

わざと 指差ししたんだけど 

その後 いつもえらそうな人を見下すような発言をしている大臣が 

質問者に 指さされて 無礼だろ!と 怒っているという記事を読んだ

 

かの国の大統領 いつも誰かを指差ししているよ、今朝も

あの大臣も ふだん、誰かを指差ししていそうだのにね

社会的な場で人を指差す人がいれば、それは「自分が相手より上位だ」と鋭くアピールしようとしている潜在意識が強く想定される

ハンドルから両手を話してスマホしながら 車運転する人よりは マシだと思っていることは事実

そういう人が いつか誰かを巻き込む事故を…と 思いたくないけど 思ってしまうCIMG9768 

娘の世代のようだった・・・

知らんかった!『妊婦加算』?

つれあいが 頭部外傷で入院した時に そのまま私も仕事を辞めざるを得なかった

その時 県庁の中の小さな診療所勤務だった 

診療補助はもちろん、レントゲン写真の現像や検尿検査やら 苦手な注射、採血業務+検査機関への依頼、 検査データーの管理、器具の消毒やら補充 結構細かい仕事に追われてもいたが 気楽な職場でもあったので 時間ができると ユーキャンの医療事務の勉強もしていた

一応、医療事務のコースは終了できた(彼が勤められなくなった時 これを仕事にしようかとも思ったくらいだった…)

受付も手伝えるようになり 医療加算の意味も なるほどなるほどと思いながら ややこしい医療加算のデーターを器械に打ち込めるようにもなってきた頃 彼の看護の為に 突然仕事を辞めることになった

あれから 12年

今朝『妊婦加算』のニュースで なんだそれ?と思ったのだ

もう 医療事務の中味は すっかり洗い流されて 頭の中には痕跡もないけど 

そんなんなかったはず…気になって 調べた

 

今年4月から、「妊婦加算」が始まっていた

検査や薬の処方に当たって特別な配慮が必要になるため、というのが、加算が始まった理由だとか

でも これって なんかおかしい

医者たるもの あらゆる危険を考慮して薬を出すというのが そもそもの基本

妊婦だから・・・というのは こどもだから、オトコだから、オンナだから、年よりだから、貧困者だから、○○だからと 条件付きで診療しているわけじゃない、と思いたい(けどな)

病名や診療科に関わらず、自己負担3割の場合は、初診料で約230円、再診で約110円が上乗せされる

認知度は 半年たっても 妊婦自身でさえかなり低いと・・・そりゃそうだろう

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180705-OYTET50012/ 

少子化対策のためには、妊婦の医療費を軽減するような制度なら賛成だけど 

反対にも思える、こんな『妊婦加算』を考えた人って誰!

って ひとりプンプンしているそばで 役人、行政だよって つれあいは言う(分かってるわい、そんなこと)

ちょっと責任者出てこ~い、って言って 出て来る?

若い人たちが 安心して 子育てできる社会になるために 良いこと、もっと知恵絞ってくださいよ!

それだけ言ったら こそこそと人ごみに隠れてしまおう

なんせ、無害な老害老人だから、わたし

CIMG9875

一線を 越える

91歳夫が 81歳妻の首に手をかけた

妻の侮辱に 耐えられなくて

はぁ???の後 はぁ・・・と凹んで

それから そのニュースを聞いて凹んだまま いる

一線を越える:その他の行為とは明確に区別された、なんらか思い切った行為に手を出してしまうことを意味する語。例え男女の関係であれば性行為に及ぶこと、人の倫理関して言えば人を殺してしまうことなどが挙げられる

人生 あちこちに 一線だらけ、じゃないですか?

そのお歳なのに なんで?

 

わたしが 今、元気なフリーライターなら 

なんで?がいっぱいありすぎて

事件のあとさきの を 自分の目で確かめたいと思うだろう、きっと

それは 若い時には思いもしなかったこと

自分の生活を守るだけで なんで?と思う余裕もなかった

 

またまた 孫に殺された祖母・・・なんで?

 

人知れず 世界にばらまかれた その一線を越えさせる悪意のウイルス

いま 秘かに実証実験中なのではないか?

と つれあいに言ったが 取り合ってもらえなかった

 

その一線は 誰の前にもある

自分だけは 決してそこを越えない、なんて 言い切れる人間ではないことは 自覚している

だからこそ その一線を越えた人に 何があったのか 聞いてみたい

そして今 振り返って その一線が どう見えるのかを 聞きたい

自分のために

一線を越えないために

 

 

CIMG9904 昨日の 雨が上がった公園CIMG9903

そして今朝の公園 CIMG9905

紅葉が いっそうあざやかに見える

 

CIMG9909

京都側から見る比叡山とは違い 

ここから見る比叡山は 町を囲む山の連なりのひとつ

だから このマンションに来るまでは 

そこにあることも意識していなかったな、と

今朝 気づいた