帰っちゃった♡

「はじめてのおつかい」の画像検索結果 娘たちも愛読し 自分たちの子どもにも 読み聞かせしている本の中の一冊でもある 「はじめてのおつかい」の主人公になりきって 大人にも相手を強要する孫⑦

例えば 転んでお金を落とす場面

「牛乳ください」と言ったら こう答えるんだと指示されて…

 

彼女のどんどん広がる世界に 

母親だけが分かる絵本やTVの世界に つれあいもオタオタしながらつき合った4日間

さっき ありがたいことに小雨になった中 駅に見送った

20150519n (6)  (長女の描いた孫⑦)

そんな中でも 

 「おばあちゃん、何読んでいるの?」と聞かれながらも 引き込まれて読んでいた本

そのずいぶん残り少なくなって、この本、読んだ本かも…と

新刊として借りたのだけど 2014年12月にハードカバーで出ていたのが文庫版として出た本だった

記録を見たら 2015年2月に 読んでいる

あの時 どう思って読んでいたのやら・・・

前回の本の感想は 謎解きで読んでいただけだったのか…

今回 あれ?この場面、なんで知っているのだろうと 漠然と思いつつも

最後の場面になるまで 確信が持てないままだったのに 我ながら呆れている

今回 読みながら 誰もいない時に 涙したくらい、ていねいに読んでいたと自分でも思う

わたしはクリスチャンではないから 「神」への信仰のとらえ方は 正しくないかもしれないけど 絶望の中で 生きるとは?に対する 一つの答えは ここにあるような気がする

 

3度目に読むことがあったら その時は どう思うのかな

本を読む、なかなかいいものだ

20180521sz (1) ちょっと早い つれあいの誕生日を祝って 娘が買ってくれたケーキを食べた(夫は2個‼)

広告

『ただいまぁ~』

3か月ぶりに この元気な声を聞いた

孫⑦の背が伸びた

もう カタカナも読めるようになった

いつも メールで写真を見ているのに

ぜんぜん違う

かわいいね~

ちょっと関西風の言葉が混じるのも 愛らしい

朝ドラの 主題歌もちゃんと歌える…今朝は 恥ずかしいからと 小さな声で

昨日から 我が夫は 命令されるままに 遊ばれている

*****

ひとりになりたい時に、と思って はてなブログしたけど ネットの世界で公開するということと 『ひとり』とは 相反するものだと 今更だけど その矛盾がね…

紙媒体の自分の5年日記の中では 写真とコラボは出来ないけど ひとりの場所は 結局そこなんだなと思った

ここは 今まで通り 多分、娘もたまには見てくれているし 数少ない『友人』への近況報告ということで 今まで通りに…元気にやってますよ~

バラを見に 大津びわこ館へ

明日から天気崩れるし 休みには孫が来る予定なので バラを観に行くのは今日しかないかな、と 空を気にしつつ出かけた

9時開園から間もないからか 人の姿もチラリのみ

いつも すてきな花々で驚かされる入口付近は 

今年は 花の盛りが過ぎたのか ちょっと寂しいね

 

それでも バラの香りが いい感じに出迎えてくれる

バラは ちょうどいい見ごろのようだ

5月11日嵯峨野を歩く

同じ場所の写真を 比べる

例えば 20180511h (10) 20180511sz (18)

20180511h (9) 20180511sz (16)

前者が夫さんの一眼レフ写真 後者はわたしのミラーレス一眼レフ

カメラの性能だけじゃないよね

時々 写真の整理をしていると 負けた~と思うと気がある

20180511h (70) 20180511sz (118)

20180511h (80) 20180511sz (146)

花の写真なら!といいたいとこだが 視覚に問題を持つ夫さんは じっくり撮るし わたしは たくさん撮りたいし 悔しい~と思う時もある

20180511h (67) 20180511sz (109)

彼の一眼レフの性能の良さは これ! 嵐山を流れる大堰川(保津川~桂川)にラジコンで浮かべる男の人が居て その船を撮ったら こんなにくっきりと!

この人形 竿をさしている動きして それを観光客の人もの~んびり見ていた

20180511h (34) 20180511sz (43)

そうそう、つばめって こんなにきれいな色しているんですね!20180511h (36) 20180511sz (47)

20180511sz (64) 

ここ竹林の中 行きかうのも肩ふれ合いそうなくらいの人なんだけど

上を見れば 

いいね!

(これは わたしが撮った写真)

前日に 孫②が校外学習でここら辺に来ていたと知った…残念、会えたかもしれなかったね

何て アドバイスする?5月5日(土)

わが娘たち みんないい子たち

で、いい家庭を持っている、と 親としては思っている

が それでも お互いの意思疎通があやしい時があるのは 他人同士なんだから当たり前だと もう45年も一緒にいるわたしは 思うけど

婿殿が この連休で 我が子に少しの時間も相手にしないで 寝ていて 会話もなくて寂しいという娘に 何と答えるのがいいのやら

「お母さんは 悩まんといてね」と電話を切った娘の ほんとは 我が家へ帰りたかった気持ちを 押しとどめたくせに… 

ムムムと思うじゃないのさ

別れちゃえ!と言いたいところだが…娘の人生がかかっているのに あまりにも無責任だよなぁ…

娘もユ~ウツ

わたしも ユ~ウツ

せめて 今日撮った花でも眺めて 気分転換しようかな…

今年の千団子さんは 5月の19・20日 これまた土日に変わっちゃった

20180505sz (10) 20180505sz (9)

出番待ちのカメさんは 今日はのんびりと

20180505sz (15)疎水近くは 更地になっていた  20180505sz (31) 日赤病院に続く道路は 拡張されていた

見知らぬ町のようだ

静かな連休中日

CIMG7841 月齢18.0の月の入り

朝の掃除のときは 青空に1個だけの雲がぽっかり浮かんでいた 

もう今は 空いっぱいの雲

外に出たら 風が思いのほか強かった 

いましがたの散歩では ときおりの突風で 帽子も飛ばされそうだった

 

この連休は 孫たちも娘たちも帰る気配がない

次女宅では 順々に孫たちの熱発に嘆きのメールが来た…我が家は呪われている…と落ち込んでいる

長女宅では 納期に加えて 『西山高原アトリエ村展』への参加もあり(http://www.artunion.info/mura/rogo1.jpg)  

こちらから近況を聞かなきゃ 喧嘩の時以外は 何のメールもない

 

唯一 写真を送ってくるのは 3歳の可愛い盛りの孫⑦の母三女だが 仕事人間の婿さんの予定も定かではなく 帰るタイミングも難しそう

6685 自ら写真撮ってと言いながら ちょっとおっかないから離れているらしいカワ(・∀・)イイ!!と思う婆バカ

 

ま、そのほうが こちらもアタフタしなくて済むのだからいいのだが

共用の廊下で 子供の声がする度に もしかして?な~んて思ってしまう

Oh!Me・・・へ

昨日27日は 夫さんの希望どおり 歩いて 行ってきました

CIMG7824 『Oh!Me』とは 『近江』にひっかけた命名?

中の内装は パルコ時代のまま テナントがちょっと?(どれも同じに思えるから)変わった感じであるけれど 外装は パネルで覆われていたところが少なくなり 避難階段も丸見えだし 店の中も外から見えて この方が開放的だ

でも 電車を降りて すぐ入れた入り口は 閉鎖されていたのは不便なことだ

 

開店から1時間遅く着いたけど 多くの人たちにそとも中も 警備の人の姿が目立つ

 

こんなに賑わっていれば 前のパルコも続いたやろにね…

娘たち(特に長女は高校が近かったから)の青春の思い出のあるパルコだったので 閉店の時はえぇ~ッとおどろいていたっけ

 

家を9時15分くらいに出て 11時過ぎに着いた

途中 いつものように なんか写すもんないかとキョロキョロしていたから

店内も さっと流しただけ

人混みが ますます苦手になる 

ものすご~い騒音の中 

サイゼリアで500円ランチを食べ 電車で帰ったが 

大きな店は どこもかも そう違いはない、という結論になった

疲れるし…